阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

衆議院選挙に向けた決意表明

2020年10月27日 11時09分15秒 | 政治
 10月24日に行われた立憲民主党岐阜県連合の結党大会で、衆議院選挙に向けた決意表明を行いました。遅くなりましたが、動画をアップします。

衆議院選挙に向けた決意表明(10月24日)

 政治家の役割は人の上に立つことではありません。困っている人、苦しんでいる人を下から支えるのが一番の使命です。私たちは草の根民主主義を掲げる政党として、地域を歩いて声なき声、小さな声をしっかり受け止めること、政府・与党の目が届かない人々の声を国会での議論を通して、その声を政策に法律につなげていく、そんな役割を果たします。

 民主主義は多数決であると同時に、少数派の声も尊重し、議論を通して合意形成をしていくことが基本です。ところが安倍政権、そして菅政権は、既得権を守ることには熱心でも、国民の声を聞くことに謙虚さがなく、自分たちに不都合な事実は隠す、なかったことにしてしまうことが常態化しています。「権力は腐敗する、絶対権力は絶対的に腐敗する」とは英国の歴史家ジョン・アクトンの言葉。野党第一党として緊張感のある政治に変える、そしていつでも政権を担う存在になれるよう、私たちは地域での信頼構築に全力を注ぎます。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WFP(国連世界食糧計画)のノ... | トップ | 応援ソング『走るさかぐちの... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事