阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

自民党にはできない真の改革をやり切る。そのための力の結集を!

2013年07月24日 22時51分50秒 | 政治

 先の参議院選挙では与党が過半数を占める結果になりました。投票率が大幅に下がったことからも、野党が魅力ある選択肢を国民に示すことができなかったことが敗因と思います。和歌山においては、改革勢力の力を結集して自民党候補に対峙することが必要と思い、民主党とともにその可能性を探っていましたが、私自身の力不足もあり、候補者を擁立することができませんでした。他府県では野党候補が乱立し自民党候補が勝利したケースも目立ちました。野党として共有できる理念・政策を見出し、本当の改革を行うための政界再編。それが健全な政治を機能させるためには絶対に必要です。

 ねじれ国会が一旦終了したことで、スピード感のある政治が実現できる可能性は生まれるでしょう。また、現政権が進める経済政策への期待も感じています。しかし、安倍総理が成長戦略を発表するたびに株価が下がり続けたように、市場はアベノミクスの成長戦略を評価していません。それは改革が生ぬるいからです。農業、医療、電力を成長産業にするには、健全な競争が機能するための新規参入を容易にする規制緩和を進めることが必要ですが、この分野に既得権を持つ団体に支持された自民党には絶対にできません。

 私たち日本維新の会は、通常国会においても与党の政策で正しい方向性と思うものには賛成、そうでないものには反対と、是々非々で臨んできました。国民の未来を守る政策なのか、支援団体の利益を守る政策なのか、政府・与党に対して追求・提案を行うこと、野党の力を結集していつでも政権交代が可能な基盤を作ることが、今後の目標です。橋下共同代表は、その時は党利党略は捨て、維新を解党させてでも力を結集させる旨の発言をしていましたが、私もその基本姿勢で良いと思います。ただ、共有できるミッション、そして理念・政策を見出すことは全ての基本です。民主党の改革勢力、みんなの党の改革勢力ともに政策ごとに議論を重ね、議論を通して信頼醸成を図ることが重要と考えています。
 
 日本維新の会の外交安全保障分野の政権公約、そして政策実例の草案は、将来の野党連携の可能性を踏まえ、私が書きました。日本だけが良ければいいと考える狭い国益追求ではなく、地球益、人類益に貢献できる意識を持って「尊敬される国」を目指すことこそ、本当の国益、そして安全保障にもつながると考えています。維新は「右寄り」政党と思っている方もいますが、右でも左でもなく真っ直ぐ前に進む改革政党でなければなりません。少子高齢化やエネルギー問題など、人類が未だ経験したことのない国内外の問題解決に貢献する意識を持った政策集団として力を高め、自民党には絶対できない真の改革をやり切る仲間の力を結集させていくことが次の大きな使命だと考えています。



清水貴之参議院候補、えいきまゆ美候補(神戸市議選)を応援する橋下共同代表


いわしげ候補の応援に鹿児島に入る


水戸将史候補の応援で入った神奈川17区で、かつての支援者から「トルコ桔梗」を頂く


候補者の応援で全国を駆け回っていた森夏枝衆議院候補予定者


和歌山では後援者訪問を行い、維新への投票をお願いしました。


 
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 地域の社会や経済に貢献する... | トップ | カンボジア総選挙では野党が... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2013-07-26 20:14:01
「私たち日本維新の会は、通常国会においても与党の政策で正しい方向性と思うものには賛成、そうでないものには反対と、是々非々で臨んできました。」



それ日本共産党も同じというか共産党の方がしっかりしている。
アントニオ猪木氏は好きだけど、北朝鮮と融和姿勢を保つ氏と維新の意見が合うとは思えない。
貴殿も維新とは全く正反対の共産党の方に近い考えだと思う。
1区の岸本氏は民主ではなく本来自民であるのと同じようにね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事