阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

党員・サポーター募集

2006年05月20日 23時53分16秒 | 政治
 皆さん、こんにちは。阪口直人です。

 ここ数日は、党員・サポーターとして私の活動を支えて下さっている方々に継続の依頼書を送ったり、新たに参加して頂くための活動を行っています。また、「プレス民主」の発送作業も併せて行っています。今月からは月1回の発行に変わりましたが、より内容が充実し、読み易くなったと思います。

 次回衆議院選挙への挑戦権は未だ得られていない状態ではありますが、党員・サポーターの確保は、私たち総支部の代表にとっては大きな責務でもあります。公認が得られない状態では一切活動費が支給されないので大規模な活動はできませんが、その分、足を使って歩き、活動への支持を訴えてまいります。同じ境遇の多くの仲間の方々も大変だと思います。でも、今が踏ん張りどころ。何とか耐えて頑張っていきますので、応援して下さいね!

 阪口 直人

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 紛争地での選挙支援活動 | トップ | 極真空手昇段審査 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
党員とサポーターの違い、参加方法について (阪口直人)
2006-05-21 21:43:49


 虎太郎さん、こんにちは。ご質問ありがとうございます。



 党員には、民主党の基本理念と政策に賛同する18歳以上の方なら誰でもなれます。党費はひとり年間6,000円です。有効期間は1年。

党員は、民主党の運営や活動、政策づくりに参画でき、党代表選挙で投票することができます。また、民主党の広報紙「プレス民主」(月1回発行)と党員証が送付されます。一方、サポーターは民主党を応援したい18歳以上の方なら、どなたでもなって頂けます。会費は年間2,000円です。有効期間は1年。サポーターは、党代表選挙で投票することができるほか、党で主催する講演会や勉強会、イベントに参加することができます。2006年は民主党代表選挙が行われます。本年5月31日の党本部定時登録(年1回、党本部で全国の党員・サポーターを一括登録)の時点で、党員・サポーターとして登録されていることが条件です。投票資格のある方には、代表選挙実施の際は党本部から投票用紙が郵送され、郵便投票による参加となります。



 ご興味があれば、是非、民主党神奈川17区総支部までご連絡ください。



 TEL: 0465-66-6606

 e-mail: sakaguchi-naoto@nifty.com

おしえて下さい (虎太郎)
2006-05-21 12:09:00
党員とサポーターの違いってなんですか?また、どのように申し込むのですか?費用についてもおしえて下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事