阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

文書通信交通滞在費についてのテレビ取材を振り返って

2021年11月24日 23時58分28秒 | 政治
今、文書通信交通滞在費の在り方が、大きな議論になっています。私が現職だった時は、事務所独自のルールとして文書通信交通滞在費の使い方について領収書を添付した出納帳をつけていました。2014年にも、橋下徹氏が党代表を引き受ける条件は維新の党の議員が『文書通信交通滞在費』の使途を公開することと宣言し、それを議員立法化しようと呼びかけたことが大きな関心を集めていました。

取材を通して親しくなっていたTBSの久保田智子記者によれば、使途を明らかにしている議員を探したけれどなかなか見つからなかったとのこと。私に直接問い合わせがありました。橋下氏が問題提起する前から文書交通通信滞在費の使途を出納帳に記録し、領収書と一緒に保管していたので、急な取材の依頼にも「何でも見てください!」と、テレビカメラの前で公開することができました。

写真はこの時の様子と、翌日放送された朝の情報番組『朝チャンサタデー』の映像です。出納帳の中身も大写しになっていたので、番組を観た方からは「国会議員なのに飛行機はビジネスではなくエコノミークラスを使っているのですね!」など、思わぬ反響もありました。海外出張でLCCを使ったり、格安のビジネスホテルに泊っていることなどは国会議員のイメージとはかけ離れていたようです。

イメージとの乖離と言えば、来賓として招待されている時も、年代物の軽自動車を自分で運転して会場に向かうことがよくありました。駐車場に入ろうとすると「すみません。こちらは来賓専用です」とよく注意されました。国会議員は黒塗りの高級車というイメージがあるのでしょうか?

#文書通信交通滞在費





コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大谷翔平選手の満票でのMVPと... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事