阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

期待と夢を乗せて駆け抜けた赤い彗星-赤星引退

2009年12月10日 15時05分55秒 | スポーツ
 阪神タイガースの赤星選手が引退を表明しました。

 試合中の怪我から復帰すべくトレーニングを積んでいたと聞いていました。来期は当然開幕から試合に出るものだと思っていたので本当にショックです。しかし、命にさえ係わる頚椎損傷。これからの人生を半身不随で送らせるわけにはいきません。まだまだ未練はあると思いますが、「引退」の英断をした赤星選手、名選手らしい引き際でした。

 赤星が不在なら、2003年も2005年も優勝はなかったでしょう。首の激痛に耐え何年も試合に出続けた姿勢は立派としか言い様がありません。塁上で激しく交錯する盗塁は勇気が必要だったことでしょう。そして、引退の引き金になったダイビングキャッチ。内川選手の打球を選手生命を賭けてでも飛び込んで捕ろうとした勇気に阪神ファンのひとりとして、感謝の言葉があるのみです。

 期待と夢を乗せて駆け抜けた赤い彗星。指導者として戻ってくることを熱望しています。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

阪口直人のつぶやき(ツイッター)

ブログ「もうひとりの阪口直人」

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 中国での活動 | トップ | 中国で感じたこと »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (柳川純子)
2009-12-10 21:06:30
赤星選手の突然の引退には、ビックリした!
といいましょうか、残念でなりません・・・。
赤星選手の盗塁の瞬間、何ともいえない
瞬発力でしたね。私がロイヤルパインズホテルに勤めていたとき、家族揃って虎ファンという
虎ファンファミリーが宿泊に来られました。
リコちゃんという女の子が応援グッズの
メガホンを首に掛けていて、私が「誰(選手)が好き?」と尋ねるとリコちゃんが「赤星選手~!」と答えられ、メガホンを口にあてて
「赤星、頑張れ~ッ!」といってくれたのが
とても印象に残っています。可愛かったぁ☆
お兄ちゃんは、虎クッションを持参されていました。(笑)2年前の夏のことでした・・・。
リコちゃんも きっと、赤星選手の現役引退に
「赤星選手、ありがとう!」
と思われていることでしょうね・・・。
ありがとう レッドスター (三高 章)
2009-12-12 16:47:45
野球人の本能で反応したというダイビングキャッチ。
その後の命を削りながらの全力プレー。
赤星選手の生き様には、心からの感動を覚えます。

私の身近にも、“一生”よりも明日の“一勝”に賭け、自身の右腕と勝利を差し替える覚悟で投げ続けていた高校球児がいましたが、人はその一生の中で命がけで取り組むべき時があるのでしょう。
阪口さんの平和構築活動も、文字通り命がけの活動であったことと思います。

ハマスタでは、赤星選手に何度も何度も盗塁を決められ、ベイスターズファンはいつも苦汁を飲まされたものです。
でも、そのひとつひとつの盗塁が車椅子の1台、1台になることを知るにつけ、ライト側スタンドから「走れ、赤星」と心の中では祈ったものです。
社会貢献にかける赤星選手の姿は、野球選手として、スポーツマンとして、そして人として、その器の大きさを感じずにはいられません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スポーツ」カテゴリの最新記事