阪口直人の「心にかける橋」

衆議院議員としての政治活動や、専門分野の平和構築活動、また、趣味や日常生活についてもメッセージを発信します。

高野町での陳情対応

2009年12月15日 23時53分32秒 | 政治
 昨日は、中国から帰国したその足で高野町に向かい、陳情対応をしました。いつものように現場を見てまわりましたが、同時に、後藤太栄町長と意見交換をしました。意見交換と言っても、今回は、もっぱら後藤町長のあふれる思いを聞く側にまわりました。とにかく、高野山の独自性、希少性の価値を高めたい! そんな熱が伝わってきました。

 空海が生み出した世界遺産や高い精神性を活かした高野町の開発ビジョンについてはこのブログでも何度か書かせて頂きました。私は、自分の選挙区の中に高野山があることを本当に嬉しく思います。高野山を中心に「平和」「人権」「環境」「食の安全」など人類にとって普遍的なテーマを考える新しい観光開発を行うこと。それは地域全体への波及効果を生み出すと確信しています。

 写真:後藤町長とともに。


阪口直人政治活動ホームページ
阪口直人国際協力活動ホームページ

阪口直人のつぶやき(ツイッター)

ブログ「もうひとりの阪口直人」



 
コメント