食感!(食後感想文) By京都

最近、食べたこと 行った店 昔の話などなど蕎麦が多い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

松林 大阪梅田

2008年05月15日 | 大阪の蕎麦屋
大阪梅田センタービルの 松林
JR大阪、阪急梅田より 10分以内と
何時でもいけると思っていたら 後回しになっていた。

梅田センタービルの 地下1Fと言う事で
エレベターに乗ったら見つからない
地下から広がる広場に面しています
ビルの中からは 一度外にでてください。

自家保存した蕎麦を 必要分だけ自家製粉と
美味しい蕎麦屋の条件を備えている。
幸いランチタイム 11:00-15:00は禁煙


細長く 広場に面していて 2x7とカウンター4席



オフィイス街ということで セットメニュウーもありました。


一品のメニューが無いので ランチタイムは無いのかなと
思いつつ ビールのみ注文。

松林特製 生粉十割¥1050円を注文
生粉=十割のことだが 粉が生きているほど 新鮮という
意味なんだろうか・・・

氷でしめられて 真ん中の膨れている 笊で出てきた。



なにやら すでに匂う。
本日の蕎麦は 常陸秋蕎麦との事
乾燥した草や 特定は出来ないが香草のようなにおい

またまた 水が切れていない 水っぽいのに匂う?凄い



黒い星と 粗い粉が見える。
凄く細くはないが 細めで綺麗に切り揃えられ
それなりの長さもある。見た目ほどの 粗らしい
蕎麦の味は強くは無いが 蕎麦の味が残っている
蕎麦だけで 客の呼べる蕎麦屋に 久しぶりに出会った。

13時以降ならゆっくり 一品も頼んで ゆっくり出来ようか?



台に乗せ少し斜めにされた笊から こんなにも水が・・
もう少し待てば もっと水が切れて 味が膨らんだはず。

初回で 知らなかった失敗だ
ご主人の狙われている蕎麦がそこにあったのだ
もう1枚頼みたいところではあるが・・時間が無い。
近く 梅田に行く用事を作らねばならない




蕎香(そば切り 蕎香) 大阪 藤井寺市

2008年05月13日 | 大阪の蕎麦屋
去年 巡礼予定の大阪のリスト十数件の中で 未訪門のお店です。
その他の未訪問店は いちぜん、松林 ろあん鮎美 あき津 まき埜です。

耳にたこが出来たでしょうが 粗挽き好きなので
細挽きのお蕎麦しかない情報のお店は ついでか 後回しになります。
いちぜんは 臨時休業で振られました。

今回の前置き・・・
粗挽き蕎麦が 経験上お味がはっきりしていて美味しい また 蕎麦の表面を覆う水(水切り)も 適度でないと 味を損なうと 思っています。
美味しいそばは 手挽き蕎麦のときで 尚且つ 綺麗に切り揃えられています。
勘ピューターによる 私的見解ですが 今のところ揺るぎません美味しいそばであれば 条件を満たす必要はありません
条件が揃っただけでは 美味しいと限りません。



検索すると1時間半ぐらいは掛かりそうなので まさに
巡礼となりました 近鉄南大阪線の土師ノ里(準急停車 阿倍野から
15分程度)から 徒歩10分程度 完璧に 住宅街のなかのお店です。



よく見ていると 道路上に 看板が発見できます。
車も4台ぐらいの駐車場がありますので 便利かも

嬉しいことに 開店時間の5分前に到着も すでに暖簾が
この心がけに感動してしまう

ご自宅を一部蕎麦屋さんにされているタイプで
すでに 10年以上の営業にも関わらず とても綺麗に
されています。


メニュー構成的には そば膳を注文するほうが お徳ですね
でも 饅頭はいらないが・・
そばが 半人前ということなので 十割でそば膳を頼んで
おかわりとして 粗挽きそばを頼んだ

本日の十割は 福井丸岡 粗挽き(二八そば)は茨城との事



最近 飲みなれて はまっている れいせんを注文


一品目の 蕎麦掻 粗挽きの蕎麦掻でした
やはり 蕎麦掻も粗挽きに限る


その後 こられた 3組8名は 全てそば膳の様子
蕎麦掻作るの大変でしょうね・・


一番左は トマトのゼリー仕立て 春巻きには野菜が詰まっています
ウム! 4品かと思いきや
もずくと岩海苔のお吸い物
どの料理も美味しい お味が生きています。大変満足です


最初は 十割もり

あまり綺麗に切り揃えられていません



広げても広げても 水浸しのそば・・・残念
板の皿に載せられているだけなので 水も切れにくい

産地まで特定したそばの味が薄くなってしまいます。

気を取り直して
粗挽きそば


やはり 最近の切り揃えられて蕎麦が多いので
切り揃えの甘さを感じる
もりと同じように 水が切れない



わざわざ 2割のつなぎを入れている割には あまり
粗挽きのそば粉に思えない 食感が良くなるが
十割が 十二分に可能だと思われます。
冷たい以外にも使われる必要のためでしょうか??

石臼挽き自家製粉と断られて居ますので 蕎香さんの
考え方のそば粉なのだと思われます。
幅広い 太いも蕎麦の方向性なのだが
是非 同じ大きさの揃った蕎麦で 示していただきたい。
全体のレベルが高いので 蕎麦が足を引っ張っていた。

何時ものように 高いレベルの蕎麦屋さんには
更に高いところを実現していただきたい
蕎麦掻と 野菜料理の完成度と 美味しさからすると
そば切りと 断るお店だけに 非常に欲求不満であった。

30分1時間圏内の近さなら 通ってしまいそうな
レベルであることは間違いない

蕎麦つゆも(大して気に留めていない)薄めながら
飽きないおいしさがあります、ちびりちびりと
飲んでおきたい美味しさです。

この時点で お腹も一杯


最初の蕎麦掻に 黒蜜と黄粉をかけた物と思われるが
結構 別腹で美味しかったので
終わりよければ 全て良しで・・・






コメント (2)

乃田 大阪、枚方市

2008年05月04日 | 大阪の蕎麦屋
家蕎麦は 粗挽きを追求中のため 細く打てない
どうしても 硬い蕎麦の 食感が残る。

たまには 細くて長い綺麗な 勿論、美味しい蕎麦が食べたい。

GWと言う事もあり 混雑具合と、休業具合が 予想できない。
11時30分以降の開店だと 行列が出来ているかも
また 混雑していたり たまに 蕎麦を食べる人々の
煙害が 予想されます。

早く開店していて 禁煙で お酒が飲めて 蕎麦が旨い
私の家から 車以外でも行きやすいとなると殆ど無い。

肴は 数種類 お酒も数種類と そんなに多くは無いが
もうすぐ 5年を迎える このお店は 条件にかなっている。

来れる人を選ぶような立地も 夫々の考え方だが
私の イメージするお店は ふらりと行けて
みたいな所が 嬉しい。



最近はじめられてであろう 新メニューの案内です。

駅から2-3分ながらも 熱いぐらいのこのごろ
ついついビールを注文

師匠筋の じん六さんから 受け継いだであろう
鰊の柔らか煮も 外せない。
味付けは 甘辛い味で 鴨汁にも その傾向は出ている
やはり 郊外とはいえ 大阪の味



蕎麦は 茨城産との事、何時ものように 緑かかった
1mmは確実にきっている蕎麦は 水切れも次第に良くなり
細いゆえに 噛まずに食べてしまい 感じる蕎麦の味は薄い



よく見ると 小さな甘皮も見えるが 甘皮は細かく挽きこまれて
その色合いに昇華されている。

安心して ぶれの無い 乃田の味が 何時ものように
そこにあった。





 
コメント (2)