食感!(食後感想文) By京都

最近、食べたこと 行った店 昔の話などなど蕎麦が多い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ふか川 兵庫県伊丹市

2007年12月28日 | 兵庫の蕎麦屋


大阪国際空港のある街ということで ご存知かもしれません
自衛隊中部方面隊の伊丹駐屯地を目指すと解り易いところでした。

お蕎麦屋さんに 設計されたお家かそのあたりは分かりませんが
HPでレイアウトやお庭などがみられますので その落ち着いた ゆったりした
雰囲気は 今まで行った蕎麦屋さんには無い物でした。



前回の 『あんばい』と同じく 小学生以下、および 5人以上の
団体のお断りの張り紙が お客を迎えます。

この辺のコメントは 客が判断するとしておきます。



玄蕎麦粗挽き せいろと詳しく説明され 粉の挽き方
軽い臼でゆっくり粗く挽いて こねずに空気を含ませる
様に 打っているとの説明。
二分以内に食べたほうが良いとの説明です。
可也 自信をお持ちの様子です。

エンドレステープ(今でもありますか?)のように
入られたら テーブル席 奥に座敷がありますのでのご案内が
入口近くに座ったために 聞こえてまいります。

粗縄のようなスリッパを ご案内の方が揃えてくださいます。
トイレで脱げば やはり揃えてくださいます。
見えませんが 同じお手で 蕎麦が出てくる様子

各1枚ずつ注文

少し後の一人のお客が 粗挽きの 大盛を注文された様子。

猪口などのセットを運ばれたときに そばがき(混雑時にはお断り)を
お願いしてみましたら 粉の用意がないという理由で 断られました。
中途半端な説明に



全体的に 高所得者向けのお値段設定で
いくら 蕎麦屋巡りの訪問でも 少し考えてしまいます。

次客の 粗挽き大盛が配膳され 私の粗挽きが参りました。
確かに 細くて長いが 角がなくなり丸くなっています。
やはり 二分の壁に 近づいているのかも
大きな釜で茹でても 多く茹でると後の作業のの問題で
賞味期限が 使われてしまいます。
お店の狙われたところなのか? 初めてなので分かりません。
これほどの お店なら ご主人も 出されるときに
分かられたと思います。
一度で判断するのは 少し問題かも知れませんし
高いレベルの(評判)お店には 高い要求が必要です。
何度も 食べられた方の意見も聞いてみたいところです。

話はそれるが
行列の出来るお蕎麦屋さんで お客を見越して
茹で上げてある蕎麦を タイミングよく注文した
ばかりに 戴くことなって ガッカリしたことも
あります。

理念や 拘りのハッキリして 完成されたお蕎麦屋さんに
感じましたが 少し残念です。
たまたまの たまたまだと思います。

前回の『あんばい』に比較すると 低くなりますが
京都や大阪あたりで 好んで食べている 粗挽きよりも
十二分に 完成度や お味がしっかりしていますよ








あんばい 兵庫県西宮市

2007年12月27日 | 兵庫の蕎麦屋


十割蕎麦の看板の上の張り紙は

   本日は 小学生以下の・・・・入店が出来ない旨の案内です。

入ると奥に 蕎麦打ち場が見えます。
和風の壁を打ちっぱなしにした センスのいいお店
4x3 10x1と 上手な配置、意識してか 明かりがないので
写真は ほとんど失敗 何時ものように 他の方の写真を 見てください。

阪急電車 夙川駅の すぐ近くで電車が便利です。
車だと この道でいいのかなみたいな 細い対面通行の道に
入りますので 初めてだと 迷いそうです。





せいろと 鴨汁の田舎を注文

田舎は 玄蕎麦から挽いた黒いブツブツのあるもの
一回り以上 太めに切られているため 十分長い。
香りこそ 蕎麦皮の香りに消されているが 
食べた瞬間 甘みを感じる。
太くて 粗挽きのため もちもち感がするタイプ。
私的には ◎です。すばらしい。

せいろも 可也粗挽きらしく 透明感のある そばの中に
大きな粒子が見えています。 太さは 田舎と同じだが
むき実なので 蕎麦の香りも楽しめます。◎です。

蕎麦は そのまま 皿に盛られているだけ
水切りも問題がありません。

客席まで ジュージューと焼かれている音の聞こえた
鴨汁の鴨は ももの部分で、
葱と鴨で満杯で 蕎麦を付けるところがないので
鴨だけ食べてしまう必要がありました。
これで、一杯いけますよ。火加減も申し分なし。

一品メニューも 凄く揃っています。
遠征ですが 電車で訪れたいもの。
是非 また行ってみたいお蕎麦屋さんです。

粗挽き好きで 私の食べたい蕎麦に近い
こんな 蕎麦が 打てるようになりたいものです。




コメント (2)