食感!(食後感想文) By京都

最近、食べたこと 行った店 昔の話などなど蕎麦が多い

からに(そば切り からに) 大阪の福島

2007年04月10日 | 大阪の蕎麦屋
最近 あちらこちらで 名前の聞くお店です。
商店街の 角のお店で 周りの雰囲気と 少し
違和感が ありますが おもしろい造りです。
丸い6人がけのテーブルと 2人がけのテーブルのみ
どうも ご主人一人で まかなっておられるようです。

天笑さんの お弟子さんとの事ですが 殆ど厨房が
見えない為 おられたかは 分かりませんでした。

造作に かなり個性的であることは すでに皆さんが
報告ずみで 目新しくもありませんが 中から 扉の窓
などから 見える 商店が 大阪風で ごちゃごちゃと
ウオッチングには 最適でした

今回は お蕎麦屋の 梯子の予定なので
お酒は ぐい飲み 蕎麦は 一人前 肴は 豚味噌のみ

お酒は メニューがなく お任せ
壁には 有名どこの空瓶や箱がレイアウトされています。

写真のお酒は 秋田の津月の限定品 中汲み 無ろ過生 純米吟醸・・
ここまでくれば 不味いわけがない

ぐい飲みで頼んだのに 瓶ごと置いていかれたので
ついつい 追加でもう一杯になりました。





お蕎麦を御作りしてもいいですかと、聞かれてから
かも汁の製作にかかられました

微妙なオープンキッチンなので 作っておられるのが見えます

粗挽きと 細きりが選べるのは 天笑と同じです
だしは 甘め
蕎麦は 一回り太目 したがって 食感も そばの味も濃い目
さりげなく 粗挽きの 塩もテーブルにあったので
試してみました。
この粗挽きそばの 太さをヨシとするかは 食べ手次第
他の方のリポートに 出てこないのは 好き嫌いが
出るためでしょうか
しかし これ以上 太くなければ 私には 100点満点です。

ここで 思い出す 岐阜の助六や 奈良の彦衛門的な
通常の細さに近いものの方が のど越しがいいとは思います。

(写真は 3分の1ほど 食べてから撮ったものです
  そして 星の入った かえるの卵のような色合いですが
   全く 上手く取れていません

幸い、開店直後で 他客なく ゆっくり出来ました。


お勧め また行きたい
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

漉 ROKU(手打ち蕎麦 漉 ROKU)

2007年04月02日 | 京都の蕎麦屋

奈良県生駒市に そば庵 吟と、いうお店があります。

そちらの 息子さんご夫婦が 先月末に オープンされたお店で
旧 相楽郡木津町=3つの町が合併して 木津川市になったばかりの
京都府の 南で すぐ奈良というような位置です。
お父様のお店からは 車で20分程度です。

本日 初めて 吟に お伺いしたところ
帰り際に 女将から パンフレットを 渡されました。
そばのはしごは辛いのですが 所用を済ませて
一時間程度 開き なかなか来れない場所と
言うことで 行ってみました。

写真では 普通の二八風の色合いですが(¥750)
二八の 田舎そばとの事で 黒く 星が入っていました。

本日は たまたま 田舎ですが 挽きぐるみでない 二八が
メインとの事なので 今後の展開を 待ちましょう。
2本立てのお店だと嬉しいですが・・・・・

吟では 土日のみ十割も販売しています
卵焼きや 蕎麦掻は 時間がないと出来ないとの
事で 平日は 楽しみが 減りますが
そばが 確定していないのも困ります。
田舎好きなので 誰か 今度行かれたら
田舎は無いのですかと 声をかけていただけると
田舎が 定番になるかもしれません

洗練された 二八をいただいた後でしたが
やはり田舎は 香り立つそば粉の風味が 強烈でした。
このそばに限り 私好みなので 高得点です。
さりげなく 塩も 付けられています。
つゆも 辛くない私好み そばの下には
すのこのない仕様なので 水切りも いい状態です。

8年ぐらい お父様の吟を手伝っておられたとの
事で パンフレットで 来たと言いますと
ご主人が 挨拶に おいでくださいました。

吟も お家を改造した造りですが こちらも
普通のお家を改造した 大きな長方形の 10人がけ1と
2人がけの テーブル2という 大きさです

自家製粉か 聞くの忘れました

たまに 他店の名刺が置いてあったりしますが
帰り際に お勧めまであったのは こう言う事情です。 

京都府木津川市木津町宮ノ裏95-19-1
11:00-14:30(Lo14:00) 定休日 火曜
土日祝は 17:00-19:30も 営業
0774-73-1766



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加