食感!(食後感想文) By京都

最近、食べたこと 行った店 昔の話などなど蕎麦が多い

しゅばく (酒蕎麦)

2006年04月05日 | 京都のまた行きたい蕎麦屋さん
しゅばく=酒蕎麦と書きます。

「酒」と「蕎麦」理想的ですね

ほぼ 1年前の訪問ですが 今回は車でなく
電車で 伺いました。

もともとは 京阪電車の沿線案内のガイド本で見つけました

お酒の肴メニューがうまそうなので再訪しようと思っていました。

場所は 京都府宇治市の 宇治大橋の京都側の
細い道を 朝日焼の窯芸資料館のほう向かいます
茶団子で有名な 駿河屋さんから 20mぐらいです。

町屋を改築した感じですが 表に十割蕎麦の 表示が
あるので すぐにわかります。

丁度 桜の季節らしく 桜の染め抜きの 暖簾が
お店に 華やかな マッチングを見せていました。
前回は 違う暖簾だったので 季節ごとの暖簾が
あるのかも知れません。

入っておくの蕎麦打ち場の前に数名のカウンター
入り口には 4人がけのテーブルx2 小上がり4人がけx2
ぐらいの お店です。

海鼠腸や鴨の肴があった記憶ですが
今のメニューでは めふん、鯛の塩辛、チーズの味噌漬、
豆腐の味噌漬、蕎麦味噌などになっています。

お酒は 京都のお酒2種と石川、静岡の4種類
飲んだことのない 石川のお酒・・名前忘れました(笑)を
注文、半合、1合を選べます
出てきた 陶器の片口と猪口は
今まで 冷蔵庫にあったと思われる 冷たさです

後は 定番、鴨汁そばです。

豆腐の味噌漬は チーズのような食感で
大きなスプーン一杯ぐらいですが
これで 2杯はやれそうです。

お蕎麦は 香りがあり 普通の太さですが
長くきれいで 水切りもキッチリされています。
見た目以上に するすると、食べられるので
もう少し食べたい感が残ります

そんな時は ぜんざいか、そばアイスがあります。

出汁は かつおの良く効いた 少し甘め?の
別に 山椒の容器が添えられておりました

ザルには 別に 蕎麦徳利がついているので
いつまでも 美味しい 出汁がいただけます。



ガイド本によると 18時までの営業ですが
当面は 15時までの営業との 張り紙がありました。
ご注意ください。

京都は 雨が降りましたが 桜は
まだまだ 大丈夫です、今度の
土日は すごい人出だと思います。
コメント (2)