食感!(食後感想文) By京都

最近、食べたこと 行った店 昔の話などなど蕎麦が多い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

かね井 京都北区 蕎麦掻までで

2011年09月13日 | 京都の私のお勧めの蕎麦屋さん

かね井に行きたいという方が居られたのが刺激になって
また、大はずれの蕎麦屋めぐりの 御祓いを兼ねてと考えたが
最近は 混んでいるとの情報から おがわとした。

家からは 電車 バスを乗り継いで 1時間余りの小旅行
・・迎えてくれたのは 例のメニューの文字の 臨時休業の張り紙
たった一枚の張り紙で伝えるだけの 軽い営業精神を 責めるより
自分の そばの神などは無いけれども 言葉的に 神に見放されていると言うか
運命の弱さをしみじみと感じた。(笑)

歩けば歩ける距離ではあるが 出来るだけ 開店直後に入店すべく
TAXIを奮発
いくら ミシュランの店といえ かね井と言って判ったためしは無いが
わらびもちの 「茶洛」といえば 十中八、九伝わる。

珍しく もう開店済み(11:45ごろ)
ラッキーにも 踏み石に脱がれている靴は一足のみ
これで ゆっくり かね井が味わえる。

先客には すでに蕎麦が出されている・・・何時に開店したのだろう!

混んでいる 客が並ぶ 開店時間がいい加減という声や状況が通じたのか・・
11:30には開店していたのではと 想像しました。
開店は 11:30過ぎとなっています。



中庭に一番近い席に陣取る
一番近い席の 私的に好みの方の席には 新しい掛け軸があって
壁にもたれられない為だ。(汗)



水槽の金魚が せわしく動いている ひょっとして 酸欠などによる
体調不良でないことを 願いながら



何時もの できますもの
出たての ひやおろしの銘柄が 秋になったことを表している。

と、言え
9月に残暑というのも季節が変ですが 兎も角暑い



まだまだ 塩辛い肴が欲しい 豆腐ようです



加齢に伴い 元々飲めない酒が 更に弱くなりました
しかし 飲みたい欲求は 特に変わらず
古酒を 半量でいただく・・少しずつ味見するのも良い



この辺までで 満足感が・・・120%



茹ですぎで 水切りが良くないので べチャとしている
流石に 蕎麦の味は残ってはいるが
今迄にない ある意味不出来、、



矢張り 水切りが良くない分 蕎麦の味が薄い
過去に経験したことの無いほど 切りも揃っていません。



蕎麦湯も 粉っぽい


贔屓目にみて 蕎麦の実が良くない
今まで以上に 蕎麦の量を打つので雑になったなど 想像は出来るが

過去の平均点が 80点とすると 蕎麦だけだと60点
蕎麦掻までだと 今まで通り 京都で誇れる蕎麦屋でした。

蕎麦を注文しないのも 難しいですね(大汗)












ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« あんばい 兵庫県西宮市 昔... | トップ | 蕎麦流々 千角 京都東山(八... »
最近の画像もっと見る

京都の私のお勧めの蕎麦屋さん」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事