Randomemory House

昔撮影した銀塩写真をデジタル化してランダムに掲載。時々最近のデジカメ写真も掲載。

有料化

2020-07-01 19:00:00 | 日記
●今日からプラスチック製のレジ袋が有料化されたらしい。

●今住んでいる地域では前からレジ袋は有料だったので
何を今更といった感じで受け止めている。

●30年近く前にアメリカのスーパーのレジのことろで
「paper or plastic ?」と聞かれて面食らった事を思い出した。
当時のアメリカではレジ袋は「紙袋」か「プラスチック袋」を
選べるようになっていたが、プラスチックという言い方を
当時の日本ではしていなかったので、何を言われているのか
理解できなかったのだった。日本では昔はプラスチック袋
とは言わずにビニール袋と言っていたように思っている。

●ただし、有料化してプラスチック製のレジ袋が全く
姿を消したとしても、プラスチックごみ全体に占める
レジ袋は2~3%でしかないようなので、プラスチック
ごみの削減にはあまり効果が無いとも言われているようだ。

写真は穴虫の郷にて撮影。

【2020-06-29撮影】[写真をクリックすると拡大されます]


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 祭の後 | トップ | 古代 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (そらママ)
2020-07-02 11:44:21
こんにちは、
私の幼いころは、布袋を使っていました、
床や床柱を磨くぬか袋、麦茶を沸かすのも、他にも色々と、
日本の家庭では手作りの袋がありました、
それもいつの間にか姿を消してしまいました、
レジ袋がプラスチックゴミに占める割合は極僅かも知れませんが、
これを機に使い捨ての意識や習慣を改め、
いっそうプラスチックゴミを減らすきっかけになればと願っています。


そらママさんへ (kw)
2020-07-02 13:20:39
こんにちは。
昔は、何度も使える袋をいうものを
有効利用していたのですね、今更ながらに
先人の知恵に感心しますね。
風呂敷という日本の伝統的包装ツールも
実は素晴らしいものなのでは無いかと
思い出したりもしました。
これを機会に、今の生活様式を見直せば
良いのかと感じています。
ありがとうございました。

コメントを投稿