TREK 4300 で行く

2012年4月、TREK 2.5 が仲間入り。
マウンテンとロード、2台のTREKを駆って北の大地を疾走します。

シフトケーブル交換

2018年05月26日 | メンテナンス

アウターケーブルの破裂から1週間。
部品も届いたところで交換に取り掛かる。

アウターを交換するには、当然のことながら一度インナーを取り外さなければならない。
このインナー、購入時にはリアで活躍していたものをフロントに移植したものだ。
すっかり錆びており、耐用年数を超えていることは明らか。
今ここでケチったところで、そう遠くない未来に断裂する定めよ。
ならば遠慮は無用。
ワイヤーカッターでバッツリ切り落とす。

続いて折れたアウターを取り外す。
新品のアウター『OT-SP41』を同じ長さにカット。
潰れた切り口を丸く整えて、両端にキャップを被せる。
折角なのでこちらも新品を使う。

交換すべきパーツはこれだけなので、早速取り付けにかかろう。
と思ったのだが、トップチューブからシートチューブに誘導するアウターも退色している。
今ここでケチったところで、そう遠くない未来に破裂する定め。
この機に交換すべし。

結局、アウターもインナーも全交換となった。
前工程の部分洗車から仕上げのディレイラー調整まで、一連の作業で1時間少々。
思っていたよりも短時間で片付いた。
下手に中古パーツを再利用しなかったことも、手戻りを防げた一因だろう。

記録を残しておこう。
アウターの長さはハンドル側が395mm、シートポスト側が235mmだった。
同じ長さに切っているのだから、次の交換のときも現物と比べれば済むのでは?
一理あるが、誤差の累積が気になる。
誤差を最小限にとどめるためにはオリジナルの寸法を控えておくのが一番であろう。

ところで、古いアウターにはかすれた文字で「SP-40」とあった。
11年前の型番は分からないが、仮に『OT-SIS40』と同等品ならば、恐らくインナーにはスチールケーブルが使われていよう。
どおりで錆びるわけよ。(←納得)

【本日走行距離】20.82km
【積算走行距離】652.7km(644.2+8.5)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加