atakaの趣味悠久

ウォーキング、ウォーキング途中で出会う野鳥、草花の写真、その他、趣味について記載

やっと来たノビタキ

2021年10月17日 07時22分09秒 | ノビタキ

BORG 89EDLンズ(600mm F6.7) Pentax KpでCatch in focusにて撮影(上の画像クリックで拡大。以下の写真総て同じ操作で画像拡大、左上の←クリックで元に戻る)


 やっと待っていたノビタキが近くの堤防に来た。
 今年はいつもの年より半月遅かった。
 除草され、草の成長が遅く、虫も小さかったからかな。
 やっと草が伸び虫も大きくなってきたようだ。
 青虫や赤トンボを捕っていた。



 ノビタキ
 ・ツグミ科ノビタキ属ノビタキ種
 ・ユーラシア大陸中部、西部で繁殖し、冬季は南方へ渡る
 ・東南アジア、インドでは周年見られる
 ・日本には夏鳥として中部以北に渡来し繁殖する
 ・本州中部以南では春、秋の渡りの時期に見られる
 ・雄の夏羽は頭部から背中に掛けて真っ黒になる
 ・雌は雄に比べて小さい












FC2 ブログランキング

植物・花ランキング

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へにほんブログ村



コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« オレンジ色のポーチュラカ | トップ | イヌサフランの花 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2021-10-18 08:15:52
北海道から居なくなると そちらで見られるのですね😅😅
やっと来たノビタキ (atakaの趣味悠久)
2021-10-19 19:06:12
 unknownさん、コメント有難うございました。
 ノビタキは北海道まで行っているのですか。
 この辺りでは日光の戦場ヶ原で繁殖していると聞きます。
 戦場が原では頭から顔が黒いノビタキが見られると聞いています。
 このノビタキの写真を撮った前日には、まだ冬羽に成りきっていない、顔にまだ夏羽の黒い部分が残っている個体も交じっていました。

コメントを投稿

ノビタキ」カテゴリの最新記事