アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

Into the Sky

2017-07-31 | daily

 『機動戦士ガンダムUC』の主題歌が好きだ。
 アニメはまだ16話までしか観てないけれど、ミネバ様とバナージのことを歌った曲のように聞こえる。


 というか!
 UCのミネバ様はうっとりするほど凛々しいですね。
 ご自分の意志で行動されているその気高く美しいお姿、ハマーンの言いなりだった頃とは大違いです。天国のドズル閣下もお喜びですよ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

2017-07-24 | daily
 
 朝涼しい内に、コンビニのプリンターで刷って来る。
 枚数が少ない時はこの方が割安だ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

UC

2017-07-21 | daily
 
 久しぶりにガンダムの新作を見る。
 おおっ。ミネバ様のお話だ!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

日陰者

2017-07-16 | 替え歌
 
おい、お前
こっちへ来るんだ
いいモノを見せてやる
お前のためのとっておきだ
付いてくるんだ

お前を救ってやる
ありがたく思え
みんな言っていただろう
クスリの魅力には抗えない

止まれ
用心しろ
カネを払わずにブツだけ頂戴するんだ

あれがヤクの密売人
夜とともに来て
光とともに去る
奴は決して
陽の下に現れない

ズルくなれば
永遠に自由だ
負け犬に居場所はない
肝に命じておけ

落ち着け
用意しろ
払わずに奪うんだ

あれが密売人
夜とともに来て
光とともに去る
奴は決して
陽の下に現れない


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村テーマ この記事は嘘です!へ
この記事は嘘です!
コメント

クリアした

2017-07-15 | daily
 
 ドラクエII、初めて自力でクリアしました。
 初代ファミコン版と違って、呪文で好きな街に移動できるし、「ふっかつのじゅもん」を書き留める手間もないので、難易度がかなり下がってます。

 最後の最後のラスボス。


 ほこらに戻って褒められる。


 お城に戻って褒められる。


 そしてエンディング。

 30年前の「実物」ではないけれど、一応クリアした。ドラクエII辺りからは「レトロゲーム」と呼んでも良いのだろうか。

 私が小学生だった30年前なら、夏休みの自由研究に「テレビゲームをやる」なんてのは多分受け入れられなかった。
 今だったら、
「パソコンも携帯電話もなかった時代の人々がどのようなゲームを遊んでいたのかを調査する」
なんてのも許されるかもしれない。

 ベネッセのサイトに今と昔の教科書を比べるというのがあったし。


ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

ドラクエII

2017-07-10 | daily
 
 中学生の時にクリアできなくて心残りだった『ドラゴンクエストII』。
  500円で手に入るので買いました。



 いやあ、懐かしい。
 生まれて初めてプレイしたRPGでした。



 ファミコン時代、2→1→3の順に遊んだので、2からやってます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

サボります

2017-07-05 | daily
 
 毎日すでに暑い。
 台風が通り過ぎたら梅雨が明けるんだろうか。
 けれど、私は今年もかもめ~るをサボります。
 もらってから返すだけ。

 ホームページを放ったらかしていたので、サイト内に挨拶状のページを作って、今年の暑中見舞いの画像も置いておきました。



 ついでに、pixivの貼り付けタグをペーストしたページも作成。


ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント

選挙カー

2017-07-01 | daily
 
 選挙カーがうるさい。
 法律で認められた権利なのでやめろとは言えないけれど、うるさい。
 そして、「選挙カーには効果がある」という説があるが、本当だろうか。

 住宅街を走り回りながら
「政治太郎、せいじ・たろう、政治太郎をよろしくお願いいたします!」
と拡声器でがなりたてられて、
「よし、政治太郎氏に投票しよう」
と思う人が、本当にいるのだろうか? (いるんだろうけど)。

 自分に置き換えて考えてみた。

 例えばこれが、「政治家」ではなく「漫画」だったらどうか。
 出版社が車に拡声器を積んで、雑誌名を連呼するという、あり得ない状況を想像してほしい。

「ジャンプ、ジャンプ、集英社のジャンプでございます。ぜひジャンプをお買い求めください!」
「マガジン、マガジン、講談社のマガジンをよろしくお願いいたします!」
「サンデー、サンデー、小学館のサンデーがご挨拶に上がりました!」


 私だったら
「うるせえな。オレが何を読むかはオレが決めるよ」としか思わない。

 知られていない雑誌を周知させる目的で
「月刊ハルマゲドンが創刊されます。ぜひお買い求めください!」
と絶叫されて、初めてその本の存在に気づくことはあるかもしれないけれど、それと購買意欲は別だ。

 そもそも漫画に興味がある人は、拡声器で喚かれなくても、自分で勝手に情報収集する。
 書店のポップとか、コミックスに挟まれてるチラシとか、ネットとか、情報源はいくらでもある。
 それでも漫画を買わない人というのは、「そもそも漫画に興味がない人」なので、宣伝にあまり意味はない。
 例えば私はゲートボールに興味がないので、「ゲートボールの試合があります!」とアピールされても、見に行こうとは思わない。

 選挙だって同じではないだろうか。
 投票に行く気があれば、自分で勝手に候補者の情報を集める。
 逆に行く気がない人には、どんな宣伝も効果は薄い。

 私には選挙カーの騒音を聞いて投票先を決める人がいるとは思えない。



ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント