アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『シドニアの騎士』第八巻/弐瓶勉

2012-07-28 | 青年漫画

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


きっとクワガタにしてみれば
私たちは対話不能な
恐ろしい捕食者でしかないのでしょうね…

(白羽衣つむぎから谷風長道へ)


 私たち「ガンダム世代」にとって、「戦争ごっこ」は少年時代の遊びの一番人気だった。時代や世代が違っても、やはり子供は「戦争ごっこ」に魅力を感じるはずだ。
そして、弐瓶勉がこの『シドニアの騎士』で描いている世界は、僕らの少年時代を、ある面では詳細に、ある面では叙情的に、そして見事に再現しているように、私は感じる。

 例えば『ドラえもん』は、知らない者はいないほどの名著で、私も大好きなまんがだ。けれど、そこに描かれている、「空き地があって、千年杉がまだ切られておらず、ガキ大将がいて…」という遊びの舞台は、私が少年時代を過ごした1980年代には、既に「自分が体験していない過去の光景」で、憧れの対象だった。少なくとも都内では、空き地などには滅多にお目にかかれず、代わりに、その奥は迷路のように入り組んでいる商店街と、近年に建てられた鉄筋コンクリートの建造物の谷間が、善かれ悪しかれ、僕らの遊び場だった。

 いわゆる「豊かな自然の中」という遊び場は、当時の僕らにとっては、たまにしか味わえない「贅沢」か(それこそ「リゾート地に別荘があるざます」みたいなセレブのw)、フィクションの中の「異世界」だったのだ。

 ずっと地下で暮らしていた谷風長道(ながて)は、旧い配管に囲まれた最下層から抜け出せても、やはり「シドニア」という、人工物でできた世界しか知らない。仲間はできても、海や大地を知らない。だから彼らは「入植可能な恒星系」に焦(こ)がれ、針路に立ちふさがる物と戦う。

 誰もがその命令に絶対服従、あるいは面従腹背(めんじゅうふくはい)せざるを得ないような、絶対的なリーダーも、私は昭和末期には見かけなかった。時として長道やイザナが艦長の命令に平気で背くように、「誰も背くことができない命令」を発せられるほどの影響力を持つガキ大将は、いなかった。
 私は少年時代に、「ジャイアン(剛田武)」が身近にいなかった。存在したのは、形だけの「ヒエラルキー」だったと思う。

 シドニアには、「小林艦長-緑川指令補-衛人操縦士-(シドニアの住人)」という、表面的なヒエラルキーは存在する。しかし、「部下は上官の命令に従う」という、正規の軍隊であれば当然の綱紀や秩序は、徹底されていない。言わば、長道らの戦いは、私たちの少年時代の「戦争ごっこ」の延長なのだ。

 「平和な時代に生まれたからだ」と言われてしまえば、私は返す言葉を持たない。それでも、やはり私(たち)は、子供の頃は「戦争ごっこ」が大好きだったのだ。そして当時の僕は、隙あらば自分だけが「アムロ・レイ」になってやろうと、皆を出し抜きたい衝動に常に駆られていたような気がする。


お薦め度:★★★★★


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 青年マンガへ
青年マンガ

【検索用】シドニアの騎士 弐瓶勉 8
コメント

『暁のヨナ』第9巻(ドラマCD付き)/草凪みずほ

2012-07-22 | 少女漫画

にほんブログ村 漫画ブログへ


 嬉々として買いました。皆川純子さんが演じるユンが最高だ!
 CDの後半には座談会が採録されていて、声優さんたちの「演じている時」と「雑談している時」とのギャップも楽しい。役を演じている時は立派な「プロ」で、座談会では「これ、どっかの飲み会の録音?」と思えてしまうくらい普通の会話をしている(笑)

 そして連載は、再び、ものすごい山場を迎えている。

第59話「あなたは私の祈り」(16号)
変わり始めたカン・テジュンが、村人が歌う懐かしい歌の題を、ユンに教えてもらう。ゼノの「予言」に、「大きなものなど いらん」と答えたテジュンを、見直した! 顔を合わせずに、ヨナがテジュンに「託してもいいかしら」と役目を与える場面には、キュンとさせられる。ゼノがテジュンに言う、「大きな存在」というのは、部族長の一員として出世するというような意味ではないような気がする。
神話の中にしか登場しないか、あるいは実在したとしても既にその血筋が絶えている「緋龍王」とはどのような存在なのか。火の部族と土地を統べるために生まれた「部族長の家の男」が、それを考え始めようとしている。この、「"体制側の人間"と"平民"とのそれぞれが、神話の意味、またはその本質を考える」という一幕に、ものすごいロマンを感じてしまう自分を顧みると、善くも悪くも「私は戦後生まれの日本人なんだな」と感じる。

 私は小学校(義務教育)で、日本の神話を習わなかった(戦前は教えていたはずだ)。高校生になるまで、記紀神話の内容を、私は全く知らなかった。戦後生まれの私たちの世代では、「神話」を知っている人のほうが少ないと思う。(だって「学校のテスト」に出題されないんだもんw)
 「国民が自国の神話を学ぶ」ということには、功罪の両面があるだろうけれど、少なくとも神話の内容を「知識」としては知っておくべきだと私は思う。過激な教え方をされれば、それは国粋主義にエスカレートしたり、周辺国から「日本軍国主義の復活だ!」などと叩かれるかもしれないので、「昔の人は想像力が豊かだったんだなあ」くらいの楽しく軽いノリで教われば良いんじゃないだろうか。

 ま、そういうややこしい話は置いといて、このドラマCD付きの第9巻には感激、そして大満足。ヨナ役の斎藤千和さんの出演作をじっくり聴いたのは初めてだけど、とても良い。現時点で斎藤千和さんが演じるヨナは、少し幼い感じがするけれど、ギガン船長との出会いで「欲しかった強さ」に一歩近づいたヨナも、いずれ聴きたい。
 次号(17号)のふろくの後、さらにCDの続きが出て、賊のお頭をやるヨナ(=ギガン船長のマネをするヨナ)が聴けたら、私はすごく嬉しい。


お薦め度:★★★★☆


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】暁のヨナ 草凪みずほ 9
コメント

かもめーる

2012-07-17 | daily


暑中お見舞い、



申し上げるベリ!



(元ネタが分かる人だけ分かればええねん…)


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 日常へ
日常
コメント (4)

『別冊 マーガレット』2012年8月号

2012-07-14 | 少女漫画

にほんブログ村 漫画ブログへ


 今月号はなんというか、「夏らしさ」を感じられて嬉しい。そしてやはり今月も、ふろくに掲載されている『ラブ★コンTWO』を真っ先に読んでしまいました。


『orange』LETTER 5/高野苺
テスト返しの後、先生がしてくれた話を聞いて、今の翔を救っても、手紙が書かれた十年後の世界に翔はいないのではと感じる菜穂。「後悔」という題材の扱い方、描き方が、やはりとても好きだ。
十年後からの手紙が手元にあっても、「手紙をくれた十年後の自分がいる世界」に「翔はいない」という未来は変えられないかもしれない。けれど、菜穂が「今の翔」に未来を、希望を与えられたならば、今を境に分岐する世界では、もしかしたら翔は亡くならずに笑ってくれているかもしれない。
危うい「選択」と、作中に漂う悲しく美しい空気が、とても魅力的だ。


『俺物語!!』第4話/アルコ・河原和音
今月も面白かった!
砂川が予想していた通り、病院に来てしまう猛男。そして待合室で千羽鶴を折ってくれていた大和さん。その友情に、涙ぐんでしまうほど感動していたら、ラストに「たけおくんみたいな女の子がいいんだと思うよ」という、抱腹絶倒のギャグ(笑)
やっぱりこの漫画は、おもしろい!


『アオハライド』PAGE.19/咲坂伊緒
小湊に心を許すようになった洸が、すごくいい。村尾修子の執事姿が、美しい!


『君に届け』episode70/椎名軽穂
KENTの熱い面が見られて、ぐっと来た。KENTの本気が、矢野ちんにもようやく伝わる。KENTの、精一杯の、全力の、KENT本人が「カッコ悪い」という姿は、逆にとても情熱的でかっこ良い。
爽子はKENTを「師匠」と呼ぶし、風早もあの時の会話でKENTにとても感謝した(と、私は思う)けれど、やはりKENTも高校生の男子で、それ故の不器用さは、やはりとても魅力的だ。


『青空エール』41ST YELL/河原和音
ついに進級。これまで水島にさんざん言われたきたように「下手」なつばさだけれど、やはり「二年生」であり「先輩」としての自覚が彼女にも芽生えている。
部活動に於いて、本当に大切なのは「上手い・下手」ではない。先輩は後輩に対して、あらゆる意味で「先輩」でなければならない。部活というのは、そういうものだ。一年間の「積み重ね」には、技術上の上手い下手を凌駕(りょうが)する価値がある。


『360°マテリアル』#30-それぞれの変化-/南塔子
丸井の、遠慮がなく真っ直ぐな態度。それに揺れる美桜。一方、滝くんの「優しさ」は、空回りしている。
滝くんには、丸井に向かって「負けない」と言い放った頃の気持ちを思い出してほしい。


『オオカミ少女と黒王子』第14話/八田鮎子
佐田っちの本質を、さりげなく(当てずっぽうで)言い当てる神谷。
「佐田くんはあれか 人と関わるのがあんまり好きじゃないんだよね--」
実際には、神谷は己の価値観を恭也に押し付けようとしているだけなんだけど、そんな衝突と、エリカの勘違いも良い方向に作用して、佐田っちに「友達」が増えてくれると嬉しい。そして、今の、佐田っちが真にエリカ一筋である姿が、すごく良い。
私が感じるエリカの魅力というのは、佐田っちに「人生ってもっと楽しいものなんだよ」と教えてあげている所だ。神谷のことを勘違いしていたと気付いて、その「役目」を、奪い返してほしい。


『魔法使いの心友』第3回/香魚子・柚木麻子
リサのマイペースぶり、プリンセス探しという目的のことしか考えていないが故の奇行が、相変わらずうける。そして、その姿は美しく、読んでいて暖かな気持ちにもしてくれる。
ココアの話題から、そよが「てるてるぼうず」をつるすのだと知って、リサとそよとの仲が少し深まる箇所が、とてもいい。


『クジャクの教室』第6話/高梨みつば
設楽、まりほ、良かったね! 「一生懸命なとこが好きだよ」という設楽の言葉も、最高の殺し文句だ。


『ラブ★コンTWO』Act.3/中原アヤ
この3話目には、とても感動。泣けた。
(以下の感想は長くて暑苦しいので、面倒だったら読み飛ばして下さい)

 皆、誰しも青春時代があった。そしてそれは、年を重ねても捉え方次第で、いつまでも終わらない物、あるいは取り戻せる物になる。
時を経て再会した椿いずみと、リサのバイト先のホールマネージャーである松原数子(かずこ)。その時に、いずみが数子に言った言葉に、とても共感、感激。
「数子 人生は一回きりじゃないよ」

 何度、挫折しても、人生は決して、やり直しがきかない物ではない。思い返せばこの価値観は、10代の頃に私が、川原泉の漫画に、最初に教えてもらった物だ。
 中学生になり、それまで『りぼん』(集英社)だけを借りていた私は、川原泉の『笑う大天使』(昭和62年~63年作品)、『銀のロマンティック…わはは』(昭和61年作品)を貸してもらって、初めて白泉社の少女漫画を読んだ。その『銀のロマンティック…わはは』で、主人公の父である由良紘一がテレビのインタビューで語った言葉を、ここに引用したい。
「重要なのは私にとってそれらがイマジネーションによって形成された人生における再生の場であるとゆー事です」
 まだ中学生だった私は、この言葉の真意が分からなかった。でも今は少し分かるような気がする。
 実は私は、漫画から「大切なことを教えてもらった」という物言いが、あまり好きではない。しかし、上述の価値観は、まぎれもなく、私が「漫画から教わった物」だ。
 幾多の挫折の果てに夢を叶えたいずみが、松原さんに伝えた言葉は、人生に於いて、無駄なことなど何もなく、後悔も逡巡(しゅんじゅん)も、失敗も過ちも、どれ一つ欠けても「今の自分」はないという意味だ。
 ラブストーリーやラブソングの醍醐味は、「再生」にあると私は思っている。だから私は、ラブソングが好きで、ラブストーリーでもある少女漫画が好きなのだ。
 yesの名曲の一つに、"Close to the Edge"という有名な曲がある。哲学的な解釈もされている曲だけど、極論すれば、私はこの曲も、広義のラブソングだと思う。パート3の"I Get Up, I Get Down"には「盛衰」という邦題が付けられているけれど、同時にそれは、「再生」を奏でたパートでもあると、私は勝手に解釈している。

 横道にそれたけれど、やはり私は中原アヤを、偉大な漫画家だと思う。中原アヤは、一見して、あっけらかんと明るく楽しくアホなまんがを描いていて、その作品は「難解さ」の「な」の字も感じさせない。しかし、世界を、人を、そして人生を「肯定」するその作風は、常に私を励まし、前向きな気持ちにしてくれる。
 なんだか上手く文章にできないけれど、やはり、私にとって別マとは、「中原アヤのまんがが読める雑誌」なのだ。
 『君に届け』は、私にとって、別マを買い始めるきっかけとなった、特別な作品だ。けれどそれ以上に、中原アヤのまんがは、私が別マを「買い続ける最大の理由」だ。



『真夏の閃光』/佐藤楓
この作家さんの作品も、最近とても好きになってきた。先日『スミレシロップ』を買い、7/25発売の『夜間飛行』も予約。







にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】別冊マーガレット 集英社 201208
コメント (2)

『青LaLa』2012年8月増刊号

2012-07-12 | 少女漫画

にほんブログ村 漫画ブログへ


 増刊の『青LaLa』を買ってみたら、期待していた以上に満足できる一冊だった。月刊のLaLa本誌はこれまでに数えるほどしか買ってないけど、この増刊号は嬉しい!


『夏休み00日目』/あきづき空太
巻頭カラー。そしておそらく、「青」というコンセプトを最も体現している作品だ。
文句のつけどころがないほどの佳作。洗剤の泡が教室一面に溢れてしまう、唐突で不思議な導入部。そして、想い人が突然目の前に現れて、慌てるヒロイン(その理由は、終盤で明らかになる)。主人公の小梨(こなし)が想いを寄せる鷹野は、その突拍子もない言動から、「通じねーよ」という評判の持ち主。彼女は鷹野への想いを抑えきれず、夏休みに突入するその正に前日に、弾けるように想いを伝える。躍動感あふれる展開と、眩しいほどのラストに、とても魅せられる。読み返せば読み返すほど、嬉しくて楽しくて、爽やかな気持ちになれる。
『赤髪の白雪姫』や『ヴァーリアの花婿』のような作品も好きだけど、あきづき空太さんの作品で私が一番すきなのは、『青春攻略本』。学園物ももっと描いてくれると嬉しい。


 掲載されている作品が多いので、特に良かった物を羅列します。


『中一プロブレム』/マツモトトモ
この作家さんの作品は、初めて読んだけど、とても味わい深い。1時間目から6時間目にかけて、淡々と描かれる授業風景とは裏腹に、激しく揺れ動く二人の心情。
「話しかけたくなってきた」という感情(これ、ものすごく身に覚えがある!)を抱いてから、放課後に至るまでの展開が、秀逸。特に6時間目が終わろうとしている時の、早く放課後になってほしい!という焦りと胸騒ぎ。こういう感情、とても共感できて好きだ。


『花咲きカノン』/ふじつか雪
私がこの増刊号を買った理由の一つ。ふじつか雪さんの作品は、どんどん魅力が増している。
初めて『金魚奏』で知った時には、「切なさ」や「純粋で奇麗な感動」という要素が魅力だったけれど、更に「楽しさ」「愉快さ」(それに「豪快さ」というのもある)という要素が加わってきた。それでも初期の作品から一貫しているのは、読むと暖かで優しい気持ちになれる所だ。最近、『アカツキの楽園』という初期作品が好きで、よく読み返している。
『桃山キョーダイ』の連載、『三日月とオレンジ』(この読み切り、私は本当に感動したっ)の続き…と、これからこの作家の作品がたくさん読めると思うと、とても嬉しい。


『夏の涯(はて)』/林みかせ
惹かれる。一言で片付けてしまえば「男同士の友情物」なのだけれど、私は「友達のことが好きで大切」という想いと、いわゆる"BL"や同性愛とは本質的に違う物だと思っている。けれど、その境界は、時に危うい。佑二が零(れい)に対して抱く感情は、彼にとって零が、「かけがえのない存在」だという、非常に純粋な憧憬のような物だと思う。
佑二のいう、「醜く浅ましく強 (したたか)か」と己を卑下する想いは、逆にとても美しい。
佑二は、報われることを望まず、想いを伝えることもせず、ただ、「観念」する。それは俗っぽい言葉で言い換えれば、零と「ずっと親友」であり続けようという姿勢だけれど、私はそれをとても美しい物だと思う。
佑二が「伝えない」という選択をする所に、作者の美学を感じる。


『スダチライン』/千葉美希
決して真新しさのある作品ではないけれど、私はこの作品がとても好きだ。
「巣立てない」という息苦しさや恐れ、幾度も繰り返してきた逡巡の描き方が好き。夏の暑さの絡め方も良い。



『青春∞箇条』/筒井美雪
振り回されながらも、琴葉(ことは)に真剣に向き合おうとする圭司(けいし)の行動が、いちいち可愛い。今まで「精いっぱい」頑張ろうとしてこなかった圭が、病院の屋上で琴と交わしたやりとりには、すごくキュンとさせられた。


 「青」というコンセプトをそれほど感じられない作品もあったけれど、一冊を通して、読み返すにつれて愛しさが増していく作品が多い印象を受けた。買って良かったと思える増刊号。
 敢えて難点を挙げれば、「新人の作品」でページ数を増やしている感が否めず、『LaLaDX』との違いが明瞭でない所だけど、良い作品が多く載っている増刊号なので、やはり買って良かった。

 なんでトリコロールがこの三色なんだろうと疑問に思っていたけれど、背表紙を見てなんとなく納得。花とゆめCOMICSのカバー上部の赤・白・青()を使ったのかもしれない。この後に出る赤と白を買うかどうかは、店頭で見てから考えます。


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】青LaLa 白泉社 201208
コメント