〈川俳会〉ブログ

俳句を愛する人、この指とまれ。
四季の変遷を俳句で楽しんでいます。「吟行」もしていますよ。

拾い読み備忘録(179)

2018年06月03日 20時32分51秒 | 研究書
私たちは、ライオンがライオンの調教師よりも強いことを知っている。そしてライオンの調教師もこのことを知っている。問題は、ライオンだけがそれを知らないことだ。文学の死が、眠れるライオンの目を覚ますことに役立たないとは、誰にも断言できないのである。
「文学とは何か」(下)テリー・イーグルトン著 大橋洋一訳 岩波文庫 2014年
                   富翁 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大宮吟行 | トップ | 桔梗の蕾 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿