ワースワイルブログ/WB

バイク買取屋さんワースワイルのブログ≪Worthwhile Blog≫です☆

「バイクいじりは楽しかね~!」バイク買取社長ブログ

2008年06月11日 | 社長ブログ
バイク買取のことはおまかせ。バイク査定ドットコムのワースワイル社長のブログです。】

最近のヤフオクでバイクを見てると懐かしい時代のバイクがたくさん出品されてますね。

やはり最近はバイク虫がうずうずと這い出してきて、先日も横浜中華街までワルキューレ様を操り出し、行きつけの店で黒酢のスープやフカヒレ小籠包などウマイもんをたらふく食って参りやした。

しかし、3月の東京モーターサイクルショーを見た時感じたことですが、悲しいことに高校生ライダーがとても少なく、バイク全体が趣向性の強い乗り物になってきたんだと感じましたね。

自分は10代の前半から(んん~?)いろんなバイクに乗りました。

そこでたまにはワースワイルマスターのバイク遍歴をお見せいたしやしょう。

ハスラー(TS50)⇒ミニタン(OM50)⇒GT250B-1⇒バンバン90(RV90)
⇒GT550B-2⇒750RS(Z-Ⅱ)⇒CB250RS⇒GSX750E-1⇒AS90
⇒GSX400E-2⇒EPO50⇒ハスラー250(TS250-6)⇒GSX250E-2
⇒RG250E⇒GS650G-3⇒RG125E-2⇒GR650⇒ジェベル650(DR650)
⇒GSX750E-4(広報車払下車のE/Gスペシャル!)⇒GSX-R250J
⇒コブラ250⇒GSX-R750H⇒GSX1100刀(GSX1100SZ)⇒GSX-R1100L
⇒GSX-R400-1⇒Z1300G⇒SRX600-4⇒SL230⇒GSXR1100J⇒ビモータSB-4
⇒TDM850⇒ハーレーFXDXT1450⇒ハーレーFLHR1450⇒
ハーレーFLHTC1450⇒ワルキューレとGS1000S-Ⅱ

こんだけのバイクをオーナーとして乗り続け、原チャリスクーターを入れたら数えられません。

その他にラッタッタ~系のローパルからパッソル⇒ユーディーミニや、蘭⇒薔薇⇒さんまが宣伝していたハイ-R⇒一世風靡のセピア⇒ジェンマ125⇒スカイウェイブなども乗り、現在も通勤&銀行スペシャルのアドレスV125も乗っています。

そんな中、一番痛快だったのはスズキのEPO50というモンキーのライバル車?で前後10インチタイヤのミニバイクに、ハスラー80(TS80)のエンジンを載せ、エンジンやキャブまで全てOkamotoスペシャル!

そのバイクで都内のプレスのお兄さん方を追いまくりで、これはとても痛快で楽しいバイクでしたね。

中型バイクではGSX400E(現在通称名:ゴキ)をフルチューン(純正オーバーサイズピストン、シリンダーヘッドポート鏡面研磨、ヘッド面研磨⇒圧縮比UP、カムチェーンアジャスターロック、タペットクリアランス0.05mm広め、クランクバランサーの取り外し)して当時400ccで一番速かったCBX400Fどころか、Rスプロケ2丁大きくするとRZ350でさえも敵ではなかった。

自分の基本セッティングは外観が限りなくノーマルに近いことが条件で、なぜならスズキのディーラーでしたので改造は全くできなかったのでエンジンチューンをメインにサスペンションとタイヤのチューニングが基本でしたね。

当時のスズキ車は全般的にとてもソフトなサスセッティングで、それ故ブレーキング時のFフォークの沈み込みを押さえるANDF(アンチノーズダイブフォーク)というやっかいなものが付いていました。これがクセモノでスプリングレートを上げ、ANDFを作動させないようになど、いろいろやりました。

GS650G-3も純正オーバーサイズピストンをブチ込むと4気筒なので排気量が700ccを超えトルクも増えるのでとても楽しいバイクになりました。

今現在、私は社長業をやっていますのであまりバイクをいじったりできる環境にありません。
しかし、先日もドッカーズ福岡店の出張時にサービスマンが納車整備中のZRX1200のブレーキパッドを交換する際、ピストンを引っ込めようと戻した時にゴミがシールに咬みこみ、キャリパーピストンの動きが悪くなってしまった。

それを見ていた私は、パッパッパ~とキャリパーを分解し、シリコングリスでパッパッパ~っと組み上げ、完璧に直った!

ついでに反対側のキャリパーもO/Hやったことは言うまでも無い。

やっぱバイクいじりは気持ちいいよね~!

早いとこGS1000S-Ⅱに手を入れないと♪

             ◆ワースワイルマスター◆

===【バイク買取&販売情報】==================================
バイク買取バイク査定ドットコムのワースワイルまで
無料バイク買取査定は お気軽無料バク買取査定まで
バイク高額買取の秘密バイク高額買取の秘密まで
バイク買うなら日本全国モトフィールドドッカーズまで
【カタナ】【Ninja】【Z】【隼】【BMW】【DUCATI】の大型バイク専門店ハックルベリーまで
ハーレーのことならHarley-Davidson専門ラックローズまで
==============================【バイク買取&販売情報】=======
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 『ポジティブに生きなきゃ』... | トップ | 「ワースワイル基本理念」バ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
更新待ってました。 (H)
2008-06-16 15:28:36
社長はSUZUKIが好きですね~

私はSUZUKI車には乗った事がありませんがブサは欲しいナ。

あと、甲子園店に行ったら僕のMk拭き拭き(セームで綺麗に)しといて。
おい〓 (うちなぁ)
2008-06-30 22:08:31
バイク乗り換えすぎだろ
こんにちは! (バイク買取 口コミ)
2008-07-13 16:42:09
バイクいじりは楽しいですよね~!
でも、いじり壊しちゃったことも・・・汗

コメントを投稿

社長ブログ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事