ワースワイルブログ/WB

バイク買取屋さんワースワイルのブログ≪Worthwhile Blog≫です☆

幻のリアルローソンレプリカ KZ1000S1緊急入荷!!!episode3

2017年09月22日 | スタッフブログ

無名のダートトラックライダー、エディ.ローソン

カワサキがAMAスーパーバイクにワークス体制で挑んだのは79年。シーズン前半にZ1R、後半にZ1000MK2をベースとしたレーサーを使用していた。シーズン途中で当時ホボールドウィンの負傷から急遽フレディスペンサーをエースに起用するがシリーズチャンピオンはヨシムラスズキに奪われてしまう。80年にエディローソンが加入。Tカー使用のレギュレーション違反さえなければチャンピオンという僅差のランキング2位に終わる。81年がありよく82年にはZ1000Jベースとした市販レーサー、Z1000S1が生産される。外観は同時期に生産された市販車でるローソンレプリカことZ1000Rに似たイメージだが当然中身は別物。レギュレーション上スペシャルパーツを使用していいブレーキ、サスペンション、ホイールはもちろんワークス仕様エンジンも搭載されている。ノーマルのシルエットが残っていれば良いとされるレギュレーションだったため、テールレンズやリアフェンダーなどは単なる飾り、ボルト止めなのである。なんと最高出力は150~160PSをマークしていたといわれる。

この年ローソンは2年連続チャンピオンに輝き以後世界GPへ活躍の場を移していく。82年を最後にレギュレーションは750㏄に変更。スーパーバイクの第一次黄金時代に幕が下りる。無名のダートトラックライダー、エディローソンを世界的ライダーに押し上げ、タイトルも獲得した。カワサキの狙いは大成功に終わったといっていい、間違いなく歴史に残る貴重はレーシングマシンである。

飾り?

シルエットが純正風だったらOKのレギュレーションだったため2バルブラバーマウント。

KERKERレーシングマフラー

UPタイプに変更済み。純正を加工したものか当時の社外品なのは不明。

ただ間違いなく当時物で希少なマフラーであることに間違いはない。

続く

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻のリアルローソンレプリカ... | トップ | 幻のリアルローソンレプリカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スタッフブログ」カテゴリの最新記事