イエスの父からの愛のメッセージ

真夜中に「書きなさい」の声で届けられたメッセージ。無宗教の者に届けられる、愛とはなにか、を多方面から知ることが出来ます。

158.天の意味する「美しい心」というのはどういうことを指すのかお伝えしましょう

2016-06-28 20:33:39 | スピリチャル チャネリングメッセージ

こんにちは。今日もようこそいらっしゃいました。ありがとうございます。

今回のメッセージは「美しい心」の第二回目です。
なんだか毎日の生活からは少し遠い話題のような思いがしなくもありません。

読者の方々も、あれやこれやと毎日のこまごまな用事をこなすだけでもお忙しくされているのではないでしょうか。

それでも、ふと立ち止まる時もおありかもしれません。
なにか心に訴えるものを感じた折、あるいは病で前に進めそうもなくなった時、悲しみに接した場合など、自分が身体だけの存在でなく、こころを持ち、感じることがすべてに大きく影響するのを知らされます。

同時に、こころの持ちようによって、自分の行動までが大きく変わるのも知ります。

どう捉えるのか、どう理解するのか、自分の中の感性の「計器」を揺らすのは自分自身である・・・と以前、メッセージにありました。

願わくは、たやすいことではないけれど、いつか自分の中の揺らすものが、美しく、愛のあるものになりますようにと・・・今日のメッセージに接して、改めて思います。

皆様は何を思われますでしょうか?

どうぞ、今日もごゆっくり、お時間をかけてお読みいただけますように。

お出でいただき、感謝いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日の話題は「美しい心」の第二段といきましょう。

美しい心とは何か・・・美しき・・・という観念の正体は何か、について論じましょう。

「美しい」というのは種々な時にお使いになるとは私もよく知っています。

顔が美しいとか、風景が美しいとか、ひいては・・・~さんの気持ちは美しいとかと、形のないものにも使われます。

それでは、その美しいという概念は実はどういうものを本来は指すものか、あるいは・・・天の意味する「美しい」というのはそもそもどういうことを指すのか、についてお伝えしましょう。

 

なんだか七面倒くさいでしょうか?

 

美しいと言ったら、キレイということと同様でしょ・・・?と思われるでしょう。

しかし、厳密には・・・天の意味する美しさとは、あなたの意味するところと少しくことなります。

どこがどう異なるかを申しましょう。

 

 

元来、美しさとは・・・形ではありません。

美しさとは・・・波動の美しさでもあります・・・つまり、波の形、伝わる速度、伝わっていく様相・・・がすべて整っていて・・・決して、ここで言う、不快さを与えないことであります。

 

な~んだ・・・結構、同じじゃないでしょうか?
とお思いかもしれませんが、ここ(地上)での美しいこと、美しいもの、と言う意味とはかなり異なります。


私たちには形はありません。私たちには固定した・・・木枠のような・・・枠組みとも言えるような容れ物や形体というものも存在しません。

美しさとは・・・常にそれ以外の・・・波や・・・伝わり方や伝わった先での反応を含めた・・・快適なものを指します。

生み出すもの・・・が美しさでもあります。

 

もう少し詳しく見ていきましょう。

 

形とは・・・こちら(天界)では・・・波が変化する様相を指します。波が微妙に変わるプロセスや、その光の変化と波が私たちの持つ感性で受け取った時・・・えも言えぬ・・・美的な気持ち良さ・・・清々しさ・・・爽やかさ・・・等を含む・・・快適さを与えます。

そのことを指して・・・美しいと申します。従って、一定の・・・定まり、固定化した形を指すことは元々からないわけです。

従って、美しいと言った場合、それは必ず不形体の浮体のものに対してのみ使われるということをまずご理解いただき、次に参りましょう。

 

美しい心・・・とは何か、です。

心とは私たちの世界では・・・パターン化した・・・光の点滅・・・輝き、そして・・・照り方・・・光の周囲へ及ぼすその反響のし方などを指します。

 

心は光であり・・・波であり・・・点滅であり、動きと・・・そして、流れ・・・流体の変化の仕様等を指します。

従って・・・「美しい心」と言った場合・・・そのような光のあり様を指し・・・そのあり様に依って・・・それ以外の光はそれに接した時・・・美しいと称されるものの与える影響に接し・・・快適・・・心地良さ、快感・・・等を覚え・・・特に・・・愛に対しての刺激を受けるのです。

それが私たちの世界での美しい、という内容であり、それをもって、私たちは美しい心を説明する必要があるわけです。

 

さて、その美しき心は・・・どういう時に発揮され、どういう影響を周りに及ぼし得るか・・・について申してみましょう。

 

美しき心は・・・その光の一つの特性として、周りに波及し・・・影響を与えます。光の強さ・・・高さ・・・微細さに依り、光っていると感じる内容が微妙に異なるのはきっとご理解いただけるでしょう。

そして、その美しきことは・・・つまり、愛を持つ、愛を感じさせる、愛の持つ特性に依る影響を周囲に与えるということをします。つまり、愛を運ぶのです。

美しき心はつまり愛を運ぶものであります。

愛とは・・・これまで論じてまいりました様に、様々なことを意味します。

この場合・・・美しき心は愛を運び、愛を芽生えさせ・・・それによってまた愛を増強させずにはおかないのです。そのような力が自ら出て・・・他へと波及させ得るのです。

それが、こちらでの美しい心の意味であります。

お分りでしょうか。

あなた様の世界の意味はどうでしょうか。

同じ部分もきっと含まれていることでしょう。

この美しい心の・・・持つ力を、あなたにも是非お持ちいただけますように・・・。

 

美しき心は・・・人を幸せにします。

美しき心は・・・人を暖かい心にします。

美しき心は・・・あなたばかりでなく周りの人にも・・・美しい心にさせていきます。

 

是非・・・少しずつ・・・お心を美しきものにさせるべく、お心がけください。

 

それでは、今日はこの位にいたしましょう。

(後略)

 

 

 

コメント

157.愛と憎についてのご説明と致しましょう

2016-06-21 14:32:35 | スピリチャル チャネリングメッセージ

こんにちは。今日もようこそ、天の創造主からのメッセージページへいらっしゃいました。

ありがとうございます。

今日も「愛」についての説明になりました。皆様、既にご存知のところかと思います。が、しかし、今回も新しい発見に出会われるかとも思います。

私たちの身体と気持ちの関係等を知ることで、気持ちの持ち様に依る健康のバランスの崩れを予防可能になるかもしれません。心と身体の関係をもう一度基本からしっかり知ることで、医療以外の方法で多くの病を防ぐことも可能になりましょう。

なぜ、癌が発生するのか、鬱に見舞われるのかなど、もう一度自分たちの胸に手を当てて考えてみたいものです。

今回のメッセージもスラっとは読めますものの、言葉に込められた深い意味を理解し、実践しようと決意するまでにはそれなりの時間と心のお力が必要かと思います。

どうぞ、何度もお時間をかけられてお読みいただけますように。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日は愛の一側面について述べましょう。

これまで愛については様々な面での言及をしてまいりました。

しかし、まだまだ伝えてないところ、伝えるべきことが沢山あります・・・何せ、愛はこの世界、いえ宇宙を創った原動力であり、材料であり、そしてそれを培うエネルギーだからです。すべての源が愛のエネルギーですから、それはそれは多方面にわたる・・・説明、解説が必要であり、可能なわけです。

そういう訳で・・・今日も愛の一側面についてご説明を試みましょう。

 

愛はすべての根源、リソースでもあります。

すべてを生み出す、すべての土壌、すべての・・・源であります。

 

私の中のすべて・・・私を創造した・・・そのすべての源はどうなっているのか・・・とあなたも思われるでしょう。

 

私という個の意識、そしてそれを超えた集団の意識・・・そしてそれをも超えた天の意識はどうなっているのか、とお思いでしょう。

上には上が、大の上にはその上の大が、細にはそのまた細が・・・と際限ない程の・・・大から小へ・・・そして細・・・太・・・など、それは筆舌に尽くしがたい万々千化の様呈、そして変化、変容があります。その中で、今日お話しする愛の一側面とは何か・・・です。

 

それでは・・・多くの人がよくわからないとおっしゃる一側面・・・愛と憎についてのご説明と致しましょう。

 

愛と憎は人の特徴を説明するときに、その特性の一つに必ず入る程、一般に誰もが人生のどこかの時点で対面する、あるいは感じさせられる愛の一側面です。

憎はにくしみ・・・あること、ある人、ある現象などを忌み嫌うということでもあります。あることを対象に、心の中が・・・愛と対なるエネルギーで占められる時・・・人はそれを憎むという感情を覚えます。

 

 

エネルギー、波動、宇宙の組成である要素が振動として捉えられる時、波動が低いと表されますが、その表現で言いますと、憎しみは波動が低いと表現されますが、元来は低いも高いもなく・・・波動の持つ・・・エネルギーの特徴、種類、様相、特質のことを指し、その波動形になると人が憎しみと呼ぶ種の感情が生じてくるという訳です。

この感覚は・・・人の心を占め、それが身体という構造と重なっているが故にその構造にも大きな影響を与えずにはおきません。つまり、身体に憎しみは作用を与える、影響を及ぼすということです。

このことは皆さん、周知のことですね。

身体に悪い・・・人を憎い憎いと思うと、どこか身体にもやがて支障が生じてくる・・・ということが多いのです。

 

なぜか?です。

 

先ほど、憎しみはエネルギーの作用だと申しました。

身体も実はエネルギーで組成されています。

種類の異なる・・・レベルも異なる・・・エネルギーが固定化した時・・・物体や肉体として顕現されますが、身体は正にそうで、エネルギーで創られています。

そこで、そのエネルギー・・・身体のエネルギーと感情のエネルギーが相克するのです。相克とは・・・お互いにハーモニーがとれない、お互いにエネルギー同士が混じり合えない為に・・・そこに不調和、不都合が生じてくるというわけです。

そのようなバランスの崩れた状態が、あるレベルである時間生じ続けることで・・・身体にはそれ相当の・・・具現が生じることとなり・・・それが皆様の病気と称される現象と化すのです。

 

では、その現象を鎮めたり、あるいは消滅させる方法はあるのかについて述べましょう。

 

これは言うまでもなく、因があるところにはその反作用、つまり、それに対応すべく動く・・・因もあるわけですから、それが対応策ということになりましょう。



それは・・・簡単なことです。

愛を持つことです。

すべての創造の元である一番高い波動に繋がるためのエネルギーレベル・・・愛をもて、対応することに尽きます。

 

愛はすべてを・・・克服させます。

愛はすべての・・・力を超えます。

愛はすべての・・・源泉となります。

愛はすべての・・・力を与えます。

愛はすべてを・・・可能にします。

 

つまり、愛はすべてのプラス方法への作用を可能にし・・・すべての因であるが故に・・・望まぬようなネガティブなものも含めて・・・すべてを凌ぐすべてに克つエネルギー・・・を総てを統合したものでもあるのです。

 

従って、その愛のエネルギーを使うことですべてを凌ぐことが容易に可能になるのです。

 

憎しみであろうと・・・嘲笑であろうと・・・

すべてのネガティブな感情は・・・その愛の大きさ、高さを凌ぐことは決してなく、その愛からのエネルギーがその功を消してしまうとも言えます。

つまり、良は悪を総て消す・・・駆逐する・・・その効を無とするのです。

それ程、愛の創造力は全能なのです。

 

愛は・・・神のものです。

愛は・・・すべてを可能にします。

愛は・・・すべてを包み・・・愛に変えます。

 

やってごらんなさい。

今回のあなたの中に生じた憎しみの心を消すのは・・・愛の力でしかありません。

 

大きな憎を生じさせる相手からのエネルギーであろうと・・・愛の力を凌ぐものは存在し得ません。

 

愛は・・・すべてを凌ぐのです。

愛をもて・・・すべてに対応しなさい。

愛をもて・・・あなたの周りの人たちに接しなさい。

 

それで初めて・・・あなたは私の子としての特性に立ち戻れるのです。

 

私と共にいなさい。

私と一緒に働きなさい。

私の心と共にいなさい。

私の心と共に働きなさい。

私はあなたです。

 

お忘れなく。

今日はこの位にしておきましょう。

(後略)

 

コメント

156.今日の話題は・・・多くの人たちの関心の的・・・お金についてです

2016-06-18 10:47:10 | スピリチャル チャネリングメッセージ

こんにちは。今日もようこそいらっしゃいました。ありがとうございます。

今日の話題はお金についてです。

 

内容は既に重々お分かりのことだろうとは思います。

人生の始めの時期、両親に育ててもらっていたころに耳によく届いた言葉の様です。
「前にも言ったわよね・・・~のこと・・・気をつけなさいよ。」

同じようなことを何度言われたことでしょう。
その都度、心の中では「わかってるわよ・・・うるさいなぁ・・・」と、今思うと大変申し訳ない反応をしていたものでした。

 

今日の天の父からのメッセージも、この頃と同じように、以前にも教えていただいたことがあるように感じます。今度はもっと素直に、もう一度、しっかり心に刻みたいと思います。


どうぞ、しばし、心を子供の頃のように開かれ、ごゆっくりお読みいただけますように。

また次回もお越しいただけます願っております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日の話題は・・・多くの人たちの関心の的・・・お金についてです。

お金は・・・この世ではとても大切ですね。お金なしには・・・何も手に入りません。
物質的なものは・・・少なくともそう考えられております。

そして、お金を得るために・・・人々は一生懸命身を粉にして働きます。勉強もします。そして無理をしてでも・・・身体を使って・・・多くの時間、お金を得るために・・・費やします。

 

ごもっともなことです。この世はそのような仕組みに作られています。

 


しかし、多くの人が目をしっかり開け、もう一度、すべてを見回す必要があります。

お金は本当に第一義に・・・皆さまの大切になさるべきことか、どうかを。

 


「それは心でしょう・・・大切なのは」とおっしゃるかもしれません。

「それは家族でしょう・・・一番大切なのは」他の方の口からはそう語られるかもしれません。

「いいえ・・・人が一番大切にすべきは命です」と種々なお答、意見があるでしょう。

 

 

しかし、私はここでもう一度、皆様のお答えから・・・すべての中で特に欠くことのできないものを挙げてみたいのです。

 

 

まず、第一に人の心・・・これは欠くべからざる、人としての第一に大切にすべきものです。

 

そして、第二に・・・生きることそのもの・・・です。
生きることを欠しては・・・なんの意味もなくなるのはご承知の通りです。

 

 

もう一度、あなたの毎日の生活を振り返り、そして、その実現のための生活をしっかり送っておられるかを見直すべきでしょう。

 

 

あなたは私でもあります。

私のためにも、あなたはそこに居られます。

あなたは私の理想と共にそこに居られます。

人の愛、天の愛・・・それをしっかり会得し・・・私たちにその宝を持ち帰るために行かれたのです。

 

 

そうなのです。

あなたは私のため、私たちの同胞のため、皆の為にそこに居られます。

 

 

しっかり思い出してください。

お金を少しでも貯め、生活にゆとりを創り、友人たちと海外で遊び、おみやげをどっさり買って帰国し・・・皆に配り、喜んでいただく・・・それも結構です。

しかし・・・そこで思い出すべきは・・・人の心とは必ずしもお金・・・や物でいただけたりするものではなく、友情を育むのは・・・金品でもなければ海外からの・・・嬉しいお話だけではありません。

 

 

美しい心からの行為・・・お金にもならず、何の品物にもならないけれど、あなたの心を豊かにする・・・大切な心配り、そして、暖かい思いやりなのです。

それが・・・一番心を打つ、素晴らしい贈り物なのです。

 

あなたは思われます。


「そんなことは知っている・・・そうおっしゃると思いましたよ・・・神様のおっしゃりそうなことですよ」と、あなたは心の中でつぶやかれます。

 

あなたは・・・そうです・・・知識としてはしっかり心得ておられます。

しかし・・・実践面ではいかがでしょうか。

 

友人に・・・心を・・・与えておられるでしょうか?

ご家族に・・・愛を与えておられるでしょうか?

そして隣人に・・・暖かい友情を与えておられるでしょうか?

 

 

そこをよく胸に手を当ててしっかり思い起こしてください。


そして今日よりも明日、明日より明後日・・・あなたのお心がもっと柔らかく、優しく、愛に溢れたものとなるよう・・・

お心がけください。

 

 

お金は確かに便利です。

すべての物を得たいと欲すれば・・・お金は必ず必要となります・・・あのテーブル、こちらの椅子、そして、あの物にこの物と・・・際限なく欲しいものは目につくでしょう。

 

しかし思い出してください。

あなたは・・・この世を去る折・・・物品は何一つ持ち帰れないのです。

持ち帰れるのは・・・

心の中に貯蓄した友情、愛情、そして暖かい心の栄養なのです。

心の中に貯めた多くの暖かい記憶や想い・・・そして・・・多くの感謝や称賛があなたがこちらに持ち帰れるものです。

 

いいえ、もちろん、持ち帰らねばならないわけではありません。
あなたがそちらに滞在し・・・そこで何かを為し得たことで・・・立派に・・・そちらに居られた価値や目的を果たしたことにはなるでしょう。

 

しかし・・・私は申しましょう・・・あなたは私の子供です。

私は子供の成長を楽しみにしています。
あなたが少しでも大きくなり、心を豊かに暖かく・・・私のようになるのを・・・親の私は待っているのです。

 

でも、急ぐことはありません。

心ゆくまで、ゆっくり、楽しみ・・・そしてその後学んでも・・・ふんだんに時間は余っているのです。

 

ご安心ください。

お好きなだけ・・・この世の・・・特質を味わい、楽しみ・・・そして体験してきなさい。

 

それで、私はあなたをしっかり抱き・・・申しましょう。

「よくやった・・・よく物品の特質を知ってくれた・・・あなたはやるべきことをしっかりやり・・・しっかり味わい・・・あなたの道をまた進みました・・・地に降りた成果は十分にあったのです」と。

 

そうです。

どちらでもあなたは・・・生きる道があるのです。

 

お好きにやりなさい。

好きなように楽しんで来なさい。

 

私は、あなたがいつかこちらに戻ってくるのをとても楽しみにしています・・・

そして、お土産話を伺うのを・・・海外旅行から戻った時のように・・・おみやげを私に差し出すかもしれません。

 

それは美しい心、暖かい友情、

そして培った・・・愛の深みなのです。

 

さあ、今日も楽しみなさい。

決して…心を忘れず・・・そして愛されているのをしっかり感じながら・・・。

 

それでは、今日はこのくらいにします。

コメント

155.人間の間の愛、特別に選ばれた二人の人間の間に交う愛についてです

2016-06-16 15:03:35 | 自己啓発

こんにちは。ようこそいらっしゃいました。ありがとうございます。

今日のメッセージはまた違った観点からの男女についてです。

いろいろな書籍からも、自分自身の多くの人へ前世療法をさせていただいた経験からも、人は転生を繰り返し、男性になったり、女性になったりしているのだということを知りました。なんだか不思議な感じがいたします。

なぜ、そんなことをするのでしょうか?

生まれて、しばらくこの世で滞在し、他界する・・・そして、またしばらくして生まれ変わることを繰り返すのは何のためなのでしょう。

その答えがここに見つけられるかもしれません。

是非、今日もごゆっくりお読みいただけますように。なにかあなた様のお心への栄養となりますよう願っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日はまた素晴らしいことを書きましょう。

今日は・・・いつもの・・・二人の愛について申しましょう。

二人・・・つまり、人間の間の愛、特別に選ばれた二人の人間の間に交う愛についてです。

 

そうです、これは・・・主に・・・特に今は主に・・・という言葉を付け加え・・・詳細についてはまた別の機会に申しましょう。

男女間の愛について申しましょう。

 

あなたもご体験がおありのように、男性と女性というのは・・・主に見かけ上の違いであり、本質は何ら変わりなく、そこに内在・・・する・・・脈々と底に流れる愛は同質、同類のものです。

しかし、ご存じで、言うまでもなく、人間としての体験を積む上で男と女という二元性に則った外観上、又、肉体上の相違があることにより、種々多様な興味深い違いに基づいた体験が可能になります。

特に肉体上の相違による多様性は、多くの素晴らしい・・・体験を可能にしてくれます。

愛についてのアプローチの仕方、愛の感じ方、愛の認識の相違と現実への処し方・・・肉体の取り扱い法、感性等々、挙げればきりがありませんが、実はこれも皮一枚・・・と申しますか・・・肉体としての乗り物の違いだけで、中身としての魂の在り方としては同質なのは先に述べた通りです。

そうです。

愛についての学び、体験、進化等は・・・

同一、同質、同様のものを求めています。

従って・・・実は見かけ上の相違を一枚はぐと・・・そこには美しく輝く・・・愛への進化への道筋があるのです。

 

ですから・・・「あなたは男だ、私は女だ」という言葉の裏には・・・

実は次のようなことが言えるのです。

「あなたは男性の乗り物に乗って、時々エンジンを吹かして・・・暴走するけれど・・・本当は私もそうなのです。時折、感情を爆発させ・・・涙を流し・・・そして大声でわめきたくなるのです」・・・

表現法は異なりますが、エネルギーの発散・・・魂の・・・深い・・・深い輝きと喜びが・・・静かに・・・在るのはどちらも同じことなのです。

内なる魂はそんな自分を許し・・・体験を楽しみ・・・そこから何かを感じ、学び、また一歩前に出ているのです。

 

あなたは・・・実は・・・あなたが感じるあなた、とは大分異なるのです。

 

あなたは私であり・・・少なくとも私の一部としてそちらに居られます。

そうです、私として・・・私の一部としてそこに居られ、活動しています。

ですから、私と常に繋がり、私と共に考え、感じ、そして行動しています。

 

そこの中から、どんなに外面上汚濁したものが見えようと・・・底に流れる清流を目にすれば、私がしっかりあなたと共に生きているのが知れるでしょう。

そうです、私はあなたと共に常に行動してもいるのです。

 

さて、話題に戻りましょう。

 

男と女・・・それは見かけ上、皮のような表面を覆っているだけのものの違いであるのを説明いたしました。

 


そもそも、その違いを通して何を学ぶべきなのか、について述べましょう。

 

肉体を知る、身体を感じる・・・

身体と理性・・・

そして、神への回帰を・・・

それらの体験を通して為すためだと申したら、あなたはどうお感じでしょうか。

 

「ああ、やっぱりだ・・・」とお思いでしょうか。

「面倒なことを考えたものだ・・・」とお思いでしょうか。

「神様はいつもイロイロ考えるものだ・・・」とあきれられるでしょうか。

それとも、「さすが神様・・・」とお思いでしょうか。

 

冗談はさておいて

神様は考えました。

 

男はこれこれ、こういう特質を持ち、女はまた違った、相容れない別の特質を持ち、そこで愛し合う、ということをしながら、そこに発生する様々な音を聞きながら・・・

「生」というものを楽しみましょう・・・と考えたわけです。

 

そうなのです。

 

ですから、あなたは常に男女の差を感じながら・・・実は楽しんでおられるのです。

こう言えば・・・こう反応する・・・

イヤ、違った・・・

今度はこう言えば・・・ああ言うと予想したけれど・・・

違った反応だった等々、飽くことがありません。

 

 

肉体的反応にしても同様・・・常に奥があり・・・常に新しい発見と創造が待っています。

飽くことがありません。

 

それゆえに、あなたの人生は常に前にと進めるのです。停滞がありません。

 

そうですね、時にはイヤになって放棄したくなることもあるかもしれません。

しかし、それも・・・そのゲームの一部です。立ち止まったり、駆け足で過ぎ去ったり、風の中を立ち向かったり、木の陰でしのんだりと・・・ゲームは多種多様の装置、仕掛けを用意して・・・あなたを飽きさせることはありません。

 

そうですね、人生をゲームに譬えるのは失礼かもしれません。、

いやしくもあなたは真剣に、精一杯頑張っておられるのです。

 

しかし・・・しかし思い出してください。
あなたはいつかそこでの活動を終了し、戻って来られるのです。

「ああ・・・面白かった・・・また行ってみたい・・・今度はまた違った身体で・・・違った条件で・・・ゲームをやりに行かせてください」とあなたはきっとおっしゃるに違いありません。

 

そうして、あなたは愛の機微・・・愛の深さと広さ、そして多くの素晴らしい恩恵とその暖かさと心に染み入る・・・美しい感性を得るのです。

信じなさい・・・私の言葉を・・・

そして、毎日毎日・・・一瞬一瞬を・・・

美しさへ・・・進みゆくのです。

 

そして、愛の何たるかを味わいなさい。

そして、同胞を・・・あなたご自身と同様大切になさることです。

つまり、あなたは彼らと何一つ異なるものはないのです。

皆・・・多くの困難を乗り越えながら愛の何たるかを知り、学び、楽しみ、そして深めているのです。

 

愛し合いなさい。

 

そして、いつか私の所に戻って来なさい。

そして私に・・・その笑顔で・・・

戻ってきたご報告を告げるのを心待ちにしているのを・・・

ここでしっかりお伝えいたしましょう。

 

それでは今朝はこの位にしましょう。

 

 

 

コメント

154.天界はご想像のようなところと異なります。どう異なるか申しましょう

2016-06-04 09:45:58 | 天からのメッセージ

こんにちは。今日もようこそお越しくださいました。ありがとうございます。

今回は、このメッセージを発する意識存在の住む世界について、どんなところなのかを説明した内容です。

この地球上に住み、ここが唯一の世界だと思っていますと、なかなか理解しにくいかと思いますが、少し心を広げ、または、自分たちもいつかはこの地球上から去る時も来るのだという現実に思いを馳せますと、ご理解しやすくなるかもしれません。

是非、今回もごゆっくり、先入観や固定観念、刷り込みからしばし自由になられ、お読みいただけますように。

あなた様の人生の意味がより深く広がるのに少しでもお役に立てば、とても光栄です。

次回もまた、いらしていただけますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日も美しい話題に致しましょう。

皆様に関心のあることにしますと、私たちのこちらでの生活を少しご紹介いたしましょうか。

 

私たちは・・・いわばあなたの言われる天界という所に居ります。
しかし・・・少しご想像のような所とは異なります。

どう異なるかについて申しましょう。

 


まず、私たちは・・・水のように、定型ではなく・・・空気のように流れ・・・

そして形はありません。

しかし、存在と・・・素晴らしい意識と・・・意図と意義があり・・・そして流形のように・・・どこにでも、どのようにでも・・・存在し得ます。

 

お分りにならなくても、徐々に・・・少しずつ、ご理解可能になられるでしょう。

 

 

私たちの所は・・・まず形がありません。大いなるすべてを含む可能性、可塑性、可動性があります。いつでも、どこでも、どのようにでもなります。

 

地球上のように、まず、形として顕現することから始まるのではなく・・・形ではなく、意識としての実存、実在が可能です。

従って、形、固形としての顕現はありません。

 

 

では、どうやって個人や存在を認識区別するのかですが・・・

それは簡単です。

 

私たち一人ひとりは別のパルス、別の個的な波形や振動数を持ち、それが個を示す区別ともなります。

特定のパルスと特定の波形・・・それが個としての存在と認識基盤のようなものとなります。

そして、その一つ一つの存在が・・・すべての基となり、それがくっつく・・・複数が一緒に融合するように加わり・・・複合形、体となることも可能です。そして、個の持つ個性、情報、可能性、すべてが皆のものとなり、お互いにお互いのものを共有しながら、またそれらを成長、進化させていきます。

少し地球上の成長進化のやり方と異なりますね。

そうです。

 

天界でも成長、進化は常に行われております。これはどこに於いてもなされている大きな共通することです。

 

 

そして、もう一つ・・・天界と地球上で大きな違いがあります。

それは・・・あなたのように・・・あるいは他のどなたでも同じように・・・怖れがありません。何かを為すときに、まず、「これこれする時に・・・こういうことがないようにしましょう」・・・というような考え方は不必要で、何の意味もなし得ませんから、そういう考え方の流れも存在しません。

つまり、「~するといけないから」・・・とか、「~するとマズいから、回避しなくては」・・・ということがあり得ないのです。

つまり、表、裏のような、一つのことを両面から見るということがないのです。

 

そうです、二元性がありません。

一つのことは一つ・・・

それだけ・・・単一のストレートな見方、捉え方・・・しかありません。

物事に良し悪しがないために・・・「~する時には~しないように気をつけましょう」という発想は一切生じえないのです。

これも大きな天界の特徴でありましょう。

 

 

それともう一つ、

特筆すべきは・・・

大きな大きな愛・・・深い深い共感(同感、思いやり・・・compassion)の存在です。

 

つまり、お互いにここでは愛し合う・・・分かち合う・・・理解し合う・・・が普通、当たり前・・・自然にそうなります。

憎しみは当然ありません。

 

 

ですから・・・とてもとても安心して、お互いに美しい心でいることができます。

地上のように・・・嫌ったり、憎んだり・・・避けたり・・・気が合わなくてケンカをするなどということはあり得ません。

とても平らかな・・・平和で穏やかでいられます。

 


何故かと申しますと、同類のみで集まるという特徴があるからです。

つまり、波動やパルスが同じであることで集合になるからです。
個性は、集合のものだからです。

そのように、ある意味、こちらでは同類が愛し合いながら、意思の疎通を自然に図りながら・・・楽に、平和に、穏やかに、いさかいなく、時・・・

そうです、

時もありません。悠久をすごすのです。

 

 

しかし・・・時・・・という、地上でのようなシステムは存在しませんが・・・流れを示すものはしっかりあります・・・それで・・・いろいろなことも可能にはなります。

つまり、地上とのコンタクトや地上への変遷、誕生、降行も可能となるわけです。

これにはしっかりしたプロセスが図られ、少しずつ、地上への移行が準備され、実行される運びとなります。

 

それもお話したいところです。

では、今日はこの位にしておきましょう。

(後略)

コメント