天から届く愛のメッセージ・Love Messages from Father

伝統、宗教に中立で、生命の真実を知ることが出来ます。「はじめに」をご参照ください。

87.愛は秩序を作り出します。愛は惜しみなく与えられても、わがままや無秩序を作り出すことはありません

2010-07-02 21:17:33 | Weblog

こんにちは。ようこそいらっしゃいました。


今回のメッセージも素晴らしいものです。

あらためて読みまして、これは自分で受け書きをしながら、読んだことがなかった、と思います。半

分、寝ていたのでしょう。

そして、これまで大きな思い違いをしていたかもしれない、と思います。

もしかしますと、パソコンの前にいらっしゃるあなたも・・・ではないでしょうか。


神様にお祈りするとき・・・誰しも、神様!と呼びかける体験をされたことがおありでしょうが、

本を読みますと、祈りについてもいろいろなことが書かれており、何が本当なのか、どのようにする

べきなのか、よくわからないところがあります。


でも、今回、これを読み、なるほど、と思いました。

次回はドアをしっかり叩こうと思います。

しっかり、意志表示しようと思います。



同じ波動が自分に存在することが必要で、表層意識の望みと同一のことが叶えられるとは限らない、

こともしっかり覚えておきたいと思います。

何度か読んで、しっかり理解していただいた方がよろしいかと思います。

きっとお役に立つことがおありかと思います。

では、ごゆっくり、何度も読み返していただけますように。

ありがとうございます。


******************************************************************************************

さあ、今日も愛のメッセージをお届け致しましょう。



愛は永久のもの。

常にあなたの側にあって、あなたにお仕えするものでもあります。

あなたが手を伸ばせば、すぐここにあって、あなたの望まれるようにかたちを自在に変化させます。



あなたが望むように、私はすべてを支配できます。

私はあなたいつもなさりたいように、形を変化させ、あなたの側に仕えています。



「・・・?」とお思いでしょうか。



私はあなたを見つめる時、人間とはかくも可愛いものかと、いつも思わざるを得ません。

いつも頑張っておられながら、時にしくじったり、落ち込んだり、時には心がほんとに闇夜のように

暗くなって・・・。



そんなことをなさらなくても良いのですよ・・・と、ソッと小声でお伝えしたり、逆に、少し離れ

て、大声出してお伝えしてみたりするのですが、どちらもあなたの耳には届かないようです。

相も変らず、同じことを繰り返しておられます。



今度こそはうまくやろう・・・と心の中で決意なさって、またしばらく、前にしっかり進みますが、

又、小石に同じように躓いて、泣きべそをかかれます。

時には涙も目に浮かべながら、「なんでなの?」と、つぶやいたりされます。



あなたがこの地に降りて・・・、

あの、あなたが・・・です。



あのあなたが・・・と申しますのは、あの光り輝く存在の、大きなあなたが、あのような小さな小石

につまづいて、涙を浮かべるのを目にする時・・・私達は・・・アラアラと思うのです。



ご自分を思い出されなさい・・・ご自分がどんな存在なのかをちょっとだけ気づきさえすれば、どん

な大きな石でさえ、あなたは恐れることはないのだというのを、しっかり自覚なさるのに・・・と思

うわけです。

もっとも、その健忘症的な状態を楽しまれているなら、それも良しとは致しましょうが。



さて、今日の話題は、愛の深さについて申し上げましょう。



愛には深さがあります。

深さと言っても、実際の物理的な海の深さ、井戸の深さ、ひいては池や湖の深さなどと同等ではない

のをお分かりかと思います。



この愛の深さとは、どんな波動にも共鳴するだけの愛の広さや多様さ、そして層の厚さ、細かさ、荒

さ、などを指します。

愛は感じる人がどんなに多様であろうと、感じる人がどんなに変ったタイプを望まれようと、常にそ

の形で愛を与えることが可能です。



あなたが、「私は山のようにドンとした不動の愛が欲しい」と望まれれば、そのように与えられます

し、「私はとても美しくて、心細かな愛情が欲しいのだ」とお思いになれば、そのように与えられま

しょう。



しかし、これにはある前提条件があります。

それは、あなたが望まれている愛を持っていることが条件です。



私が愛を与えようとしても、あなたの中に共鳴するものがない限り、あなたにはそれを受け取ること

は出来ないからです。



「私はドンとした不動の愛を・・・」とお思いになる時、あなたの中には、そのイメージ、その言葉

の表す波動が広がっており、それが一種の合図として、私に伝わって、あなたにその用意のあること

を伝えてくれます。

つまり、これが必要な働きかけであるのです。



あなたが何も望まず、私に伝わなければ、私はあなたに何もお渡しすることができません。

私は常にあなたの意の沿う形であなたに仕えるのです。



あなたは、人の常として、相手の望むのを察して何かをして差し上げるのをモットーとしておられる

ところがあります。



これは私に関してはあたりません。

これは宇宙の普遍的ルールではないのです。

あなたが望まれて、その意思表示をなさることが必要なのです。



相手の心を察して・・・というのは、こちらとしてはあり得ないからです。

相手の心は常に明白で、隠すことは元来不可能です。



ですから、大切なのは察することではなく、その人が何を実際に欲しているのを明らかにして、それ

を伝えることです。

つまり、自分が何をしたいかをしっかり自覚することが重要なのです。



あなたがご自身が一番、分かるべきことを、どうして他のものが分かるのでしょうか。

あなたは、あなたの心の主体者です。



あなたが感じること、欲すること、気づかれることなど、ご自分がしっかり把握することで、それを

外方へと放出することも可能になり、それが伝播して私にも伝わってくるのです。

つまり、初めがあって、終わりがあるのです。



私がここに側にいても、私があなたの必要性を察知しても、あなたが必要だと意思表示して、私に伝

えることがあって初めて、私はあなたに愛を与えることが出来ます。

ルールがあって、その通りに動くの宇宙です。



さて、私が申し上げようとしておりますのは、つまり、あなたに意思表示をしていただきたいという

ことなのです。



あなたが小石につまづいて、辺りを見回し、膝をさすりながら、「誰か・・・手を貸してくれないか

しら・・・」と思われている時、私はすぐ側に居て、手を差し出しています。



そうではないのです。

「誰か、私に手を貸して欲しい・・・貸して下さい」とはっきり明示なさることが必要です。

つぶやきながら、手を貸してくれれば良いのにネエ・・・と思われるだけでなく、それを求めること

が必要です。



求めない限り、与えられないのです。

叩かない限り、ドアは開けられないのです。



お分かりでしょうか。

そのように、これは一つの例にしか過ぎませんが、あなたが私に向かって、もっと要求なさって良い

のです。



私は遠慮深い人も好きですが、あつかましい人も大好きです。

私の愛は深いからです。



愛はその人に合ったように、必要な形で与えられます。

必要な形・・・がどんなものであるかは・・・必ずしも表層意識のものとは同一でないかも知れませ

んが、必ず、あなたの声は聴かれます。

与えられるのです。



「愛がそんなに声に従って、どんどんむやみにやたらに与えられて・・・おかしいことになりません

か?」そのご質問へは、こう答えましょう。



いいえ、愛は、おかしいこと・・・混沌とした状態を作り出しはしません。

愛は秩序を作り出します。

愛は惜しみなく与えられても、わがままや無秩序を作り出すことはありません。

愛はそういうものだからです。

愛にはすべてが含まれており、すべての秩序も含有されているからです。


このことは徐々に理解されていかれるところでしょう。



求めなさい。

あなたの手を伸ばしなさい。

私はあなたの手に、私の手を重ねるでしょう。

そして、私は常に与えましょう。私の愛を。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 86.愛を豊富に持ち、与え、受... | トップ | 88.原発の事故の原因、再びの... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やさしく、あたたかく、 (野立彦)
2011-03-23 00:13:54
そして滋味深いメッセージ。
堪能させていただきました。
拝謝いたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事