イエスの父からの愛のメッセージ

真夜中に「書きなさい」の声で届けられたメッセージ。無宗教の者に届けられる、愛とはなにか、を多方面から知ることが出来ます。

186. 自閉症の原因と対策

2018-07-25 07:56:40 | イエスの父からのメッセージ

 


こんにちは。ようこそお出でくださいました。

今回は自閉症についてお尋ねしてみました。


生きることのしんどさの裏にあるその理由・・・を知りたいと、これまでいろいろな分野や症状から説明をお願いしてまいりました。

今、やっとわかった気がいたします。

天の父からの最初のご説明を頂いたとき、「エッ!?そうなのですか?」と大きな疑問符が心の中に湧き出て、「ウソでしょ・・そんな訳ないでしょ・・」この人生の困難なことが、そんな理由で起こるのか、まるで道理が分からないというのが正直な心境でした。


あれから何年・・・どんなに多数のご説明、ご教示を頂いたことでしょう。今、やっと心に「分かりました! ありがとうございます」と思えるようになりました。生きることの端端に噴き出す不満や怒りがどんなに収まりつつあることでしょう。心から感謝の念を持つことも出来るようになりました。

しかし、まだまだではあります。
これからもこの道を一歩一歩、牛歩のようではありますが、誠実に歩んでまいりたいと思います。


さて、今日の自閉症についてもご理解に難しいところがおありかもしれません。
お届けできるのを嬉しく思います。
どうぞ、ごゆっくり、何度か繰り返しお読みいただけますように。

ありがとうございます。次回もお出でいただけますように。


********************************************************************

 

それでは自閉症について・・私の見解を述べよう・・・。


皆は、私の見るところ、すべてをそちらの価値判断基準をもって物差しとする習慣がついている・・。そこが一つの問題点であり、そこから一旦身を自由にし、そしてすべてをもっと広い、もっと深い見解から見ることによって、自閉症のみならず、多くの不都合の価値、理由、原因が見つかるだろう。


そして、今回のリクエスト、自閉症の原因を述べよう。


自閉症とは、自らを閉じるとの意味の命名ではあるが、本来のこの症状は、他の目的、他のそれによって得るべき目的、会得点があり、その名前は端的にその外的症状を現してはいるが、正確なものではない。

つまり、自ら閉じるように見えるその現象の裏には、それによって得られるプラスのものも多くあるのである。


さて、それではその、そもそもの発起点について述べよう。


これまで再三、すべてには原因があり、偶然や、たまたまいくつかの偶然が重なってその症状となった、ということでは決してないのを伝えてきた。

この症状も、その通りである。

そのようになるのには、その目的と原因が存在しているのである。


それでは、それは何か。



私の伝えんところはこうである・・。

この、自らを外の世界から少し距離を離す所に置き、すべての現象を見ることによって・・直接、身をそこに置いてみることによっては見えないもの、感じられないものを体験しているのであり、それによって、その人生から会得されるものも多いのである。

その境遇によってのみもたらされるものは、必ずしも皆の考えるようにネガティブではなく、素晴らしい感性が静かに育まれているのを忘れてはならない。


外界の価値観によるものとは異なった、より深い、より高度な判断力、価値観、より大きな視野による物事へのすべての洞察する力が育っているのを忘れてはならない。


つまり、その現象によってのみ会得可能なものを得たいと決めてきたための、歩む道筋なのである。


それでは、何が具体的には得られるのか、である。


それには多勢の中の少数派、それもこの地ではネガティブとされる立場によってのみ会得可能な、様々な他者からの反応、感覚的、物理的、総合的体験であり、そこから、より深い人間としての理解力、より大きな寛容さ、そして、より大きな愛の素地が作られていく。

それは、大きな大きなご褒美のようなものであり・・これから何回も続く人生を、より豊かな、実りあるものとしていくのであり、決して皆の思うようなものではないのをここで明言しておこう。



この地に降り、すべてを人的価値や不都合さ不便さから、この自閉という、外側からのみの現象を見るのではなく、その裏にある・・満々と実りつつある、それによってのみもたらされるものを見つめるが良い。


従って、原因は・・では、何なのか?をまとめると、この地に降りる前にこの人生を設計する際、自らを閉じてのみ会得可能な諸々を得たいとした・・ということになる。

大きな目で、大きな心ですべてを見れば・・やがて、それが真実であるのを悟るだろう・・。

 

それでは、自閉症となったらどう対応すべきか、どう心構えを持ったら、その症状からの学びを最大限にし、それから与えられる不都合を最小限にできるか、について語ろう。


私はこれまでも、これからも常に語ってきたように、愛を学ぶ、愛を会得するのがすべての目的、すべての存在理由である・・。

そこから鑑みた時、すべての解答が明らかになろう・・。

つまり、人とは何か、を超えて、命、そして、すべての存在、そのものの意義を考える必要が出てくるのである。

つまり、大きな視点から見れば、すべての病への対応法も明らかになるということである。


あなたが、そこでペンを走らせている行為そのものも、愛から出ているのも何度か伝えた。それと原理は同様で、病という、一見ネガティブなものを体験することで、あなたは、他の人への理解力、そして、愛を深め、やがてそれを人生の他人への対応、他人への気配り、態度、対処、接し方などに、大きな変化が表れるのである。

それは魂の中、クオリティ、レベル、中味からのみ、変化可能であるのだ。

表面的な仕草、態度と異なるもの、美しきものからのみ可能な何か・・変化が生じてくるのである。


お分かりだろうか。


苦しみからのみ分かること・・バカにされたり、無視されたり・・下に見られることでのみ分かること、感じること・・もある。自らを閉じ込め、相手に・・自由にさせることでのみ見えることも多いのを、ここで伝えておこう。

木の上から下を眺めて分かること・・山の上から見下ろして見えるもの・・地下に潜って・・上を覗き見て・・初めて感じられるもの・・等々、この世には、様々な現象、ケース、状況、環境から来る体験、見えて来るもの、感じられるものがあり、その多様性を一つ一つ味わい、体験することでのみ、あなたは・・大きくなり・・小さくなり・・丸くなり・・そして、トゲも出来る・・ということなのだ。


おわかりだろうか。


さて、対応策にいこう・・。

具体的な対応方法をあなたは望んでおられるのだ。


あなたはこの現実下において、毎日の生活が、自閉症の人にとってベストに・・つまり、容易に、なるべく気持ちよく、苦労を少なめにするのはどうしたら良いかをお聞きになりたい・・のですね。

 

それは今まで、私が語ってきたことを考慮すれば自ら明白になろう。

自らを認め、出来るなら讃え、そして・・勇気付け、多くのものを得ることである。

つまり、自分を肯定し、出来るなら、誉めたたえ、そして周囲の人へ感謝の念を持つことである。


自閉している目的を得る・・これが大切であり、そのことで周りに不都合を起こしている。

その状況下で、自分をどう認識し、評価し生きていくか・・食べ、生活し、そして年を重ねながら生きていくことはどういうことかを、よく見、体得し、そこから得られるものを大切にすることである。


善を通してのみ得られること・・自らを閉じ存在を極小、極薄にしてのみ得られる感情的体得・・それはとても貴重であり、後々の新しい人生で必ずや花を咲かせることになろう・・。


そうは言っても・・というあなたのお気持ちも分からないではない・・。

それでは申そう。


気にしないこと・・すべてを成り行きに委ねる・・周りの人に・・最小の不都合をかけながら、自分として、可能な限りの努力をしながら、自分を認め、そして、肯定する・・。

それに尽きるだろう・・。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 185. 地球は更に激しく泣いて... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

イエスの父からのメッセージ」カテゴリの最新記事