天から届く愛のメッセージ・Love Messages from Father

伝統、宗教に中立で、生命の真実を知ることが出来ます「はじめに」をご参照ください。近々タイトルを変更予定です

193. 因と果を一考して行動するとしないのでは、後が違って来ます

2019-02-03 16:39:55 | 天からのメッセージ


こんにちは。ようこそお出でくださいました。

今日のメッセージは忘れがちであり、しかし、本来はとても大切なことについて言及がなされております。

私たちは毎日、毎日、明日が来るのが当然、この生活の場にず~っといるのが当たり前・・・のように生活をしております。

考えるのも面倒な・・・ような・・・何気ないことについて、考えさせられます。

易しいけれど、深い意味をなすものだろうと思います。

どうぞ、面倒がらずに!?(失礼)ごゆっくり、かみしめながら、お読みいただけますことを願っております。

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

さて、それでは、今日の皆様への伝言を始めよう。

 

今、私は、皆のお心、皆の行動、皆のそれらを振り返るお気持ち、つまり毎日の行動とそれらを見、考え、思う、

そしてまた、同様の繰り返しの毎日の中で、とても大切な事、生きる目的、何故に毎日をそこで過ごしているのか、

を全く忘れて居られる。

 

毎日のそこでの生活は、何故、どうして、そうであるのか、毎日に起こってくる・・・身に降りかかってくる

いろいろな体験、出来事は何も理由なしに起こっているのではなく、しっかりとした原因と目的があってこそ

なのを、誰も考えたりしないようになっている。

 

本来は、例え、一つの家族にとっても、多くの何百万人、何千万人、何憶万人の多くの人々にとっても、

原理原則は単に複雑、多きに渡って見えにくくなっているだけで、本来のしっかりした因果に依って生じているので

あり、そこをしっかり知り・・味わい、対応すれば、すべては、その事象の意味が少しでも分かり、適切な対処がなさ

れ得るのである。

 

つまり、こうである。

 

何かことが生じると、それに沿って行動する、その中にはいろいろ感じ、考え、そして実際の対応となってくる。

それを目隠しされた如く、その場、その場で一つ一つを切り離されたように対応するのか、それとも、

その起こっていることの裏にある意味、目的をしっかり考え、踏まえた上で、

それらの適切な考え、原理、原則、愛に則った行動をするかどうかに依って、それらの結果が異なってくる。

 

「何て、分りにくい今朝のメッセージだ」と、あなたは少々・・・心落ちしている。

しかし、もう少し・・辛抱されたい。

 

そこで、続けよう。

 

つまり、「一つのことでも、しっかり心して、その因と果を一考して行動するとしないのでは後が違って来ますよ…」と、言いたいのである。

つまり、「何かことにあたる折は、しっかり心を入れて行動しなさい…」ということである。

 

人は心で生きるのであり、心によって行動が起こるのであり、逆も連鎖の中で真実となってくる。

 

例えを一つ挙げよう。

 

あなたが、これからの一日を過ごすとき、フラフラと心なしに何も考えないですべての行動を試すか、それとも一つ一つ心して行動されるのか…の違いは、大きいのである。

 

「イイエ、いちいち何も感じずに家事はこなしなさいと、そうそういちいち考えてはできません…」と、あなたは心の中でつぶやく…。

 

しかし、こうも言える。

 

あなたが台所に立ち、蛇口をひねり水を出す時、あなたの心はしっかりその水を使う目的を知っている。

その水をなるべく効率良く使い、ことに当たろうと心の中で思っている。

そして、こうも思っておられる。

今日の朝食は何にしようか…パセリより、ほうれん草…ポテトよりおさつ…そして、玉子、お豆腐…云々と、あなたは次々と考えを移しながら事に当たっている。

 

自動的に毎朝、同じようなことを繰り返す。

これをもっと違った視点から見ると、こういう風になろう。


あなたは、元来、天の存在であり、そこへ一時滞在の旅にある。

あなたは単にそこでの異なった生活、楽しみ、体験をしばらく味わっているのにすぎない。

つまり、あなたは旅先の滞在先で事に当たっているのである。

永久に、そこでお暮しの予定ではないのである。

そのために、毎日新しいこと、異なった体験、困難と思われるような事柄さえ、時には次から次へと生じ、その対処を迫られるのである。

 

それでこそ、その旅の意味がある。

 

毎日毎日、そこで同じように…ぬるま湯につかり、何もせず、鼻歌を歌いながら、過ごしていたらどうだろう。 

そこに、わざわざ滞在する意味はあるだろうか。


しっかり、そこでの滞在目的に沿って行動をとり、その一つ一つの現象を味わうことが、そこの目的であるのをしっかり意識すれば、毎日こうも疲れる程の異なったいろいろな体験にぶつかるのに…あなたは、感謝し、それなりの目的を少しでも心にかけて行動し、それなりの結果と体得をされるだろう。

 

例え、それが一年365日・・・全く同じことも、いつかは変化するのは必定である。

あなたの身体の細胞は刻々と変化し、刻々とこちらへ戻られる時は、近づいているのだ。 

その間、あなたはその身体の中で魂の光を磨くべし…種々な体験をしにその旅先におられるのである。

 

それを知り、意識するか否かは、その旅先での行動に大きな違いを生むのをよくお分かりになられるだろう。

 

毎日毎日を大切に生きなさい。

 

安心して…大切に…生きなさい。


かけがえのない…そこでの滞在時間は刻々と短くなりつつあり、

あなたの体験は…例え、毎日同様に見えるとしても、実は、条件が少しずつ異なりながら、多様な体験を可能にしてくれているのである。

 

そして、多くの人々が、異なった条件下で接触し合い、

お互いの条件下ですべての行動がなされ、現象が生じ、

その中で様々な因と果が…暗黙の中、忘却と共にのみ生じ得る様々な現象が顕現して、

その中で、多種多様な相互作用が生じ、その中で、様々な体得が可能になってくるのであり、

その一つ一つに当たる時…ボーっと右往左往するのみか、あるいは、

何故、何由に、この中で生きるのかをしっかり考えながら動くのか…を、考える時、

その差は…ご存知のように、かなりなものとなろう。

 

つまり、今朝の私からのアドバイスはこうである。

 

毎日、毎日…心して、生きなさい。

夢遊病者のように、ウロウロと…身を雑踏の中で動きに揉まれるのでなく、

しっかりとした考え…しっかりとした目的を心に、足を運びなさい…ということである。

 

その足の運びの先には、いろいろなことが生じるであろう。

その一つ一つを、

しっかり味わい、

悲喜こもごも辛難辛苦も含め、すべてそこでのみ可能な体験を、しっかり味わってきなさい…

という私からの願い…親心なのである。

 

旅に出たら、その旅でこそ可能なことをしてきなさい。

旅先での、いろいろな体験は…

戻った時に、必ず…感謝…喜びと変わり、その旅のし甲斐があったと感じることになろう。

 

あなたの毎日毎日が、しっかり、その意識に裏打ちされたものとなるよう、親は願っている。

 

今日のメッセージはこのことをお伝えして、おしまいとしよう。

 

 

  

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 192. 鬱々とした状態をどう切... | トップ | 194. 子供たちよ・・・今こそ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

天からのメッセージ」カテゴリの最新記事