はーぴー日記

イラストレーター&デザイナーはらだゆきこの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドイツのまつり

2009-02-24 06:04:37 | Weblog
昨日は、ドイツのMainzというところのお祭りだったみたいで。
たーーのーーしーーそーーーーう!

メルケル首相のキツい風刺の山車もいっぱい出てたそうだけど
youtubeには上がってなかったなぁ。

Carnival in Mainz, Germany

↑これは今年の

Carnival - Children's Parade 2008

↑これは去年のちびっこ部門。長々とゴミ袋みたいので繋がってるやつ、おもしろ。
コメント

七尾旅人、高江を歌う

2009-02-22 01:50:41 | Weblog
七尾旅人は昨年12月から1月にかけて3回もライブを
見に行ってしまったけど、そのたびに七尾旅人は「AIRPLANE」を演奏して、
ガザ空爆について話をした。ECDの「東京を戦場に」をカバーした日もあった。
その前のo-nestでのワンマン(ワンマンなのに4時間30分…)で歌ってた
スウェットショップの歌もすごかった。早く新しいアルバムを聴きたい。

と、いうことで、七尾旅人が二年前に沖縄・高江でライブしたときに
作られた高江の歌が七尾ブログにアップされました。

七尾旅人/沖縄県東村高江の唄 (live in Takae, 2007)

エレキギター:内橋和久


その町には 武器なんて似合わない (ほら、ほら)
その町には 棕櫚(シュロ)の木が揺れてた (ほら、ほら)

通りすがりの僕だけど すぐにわかった

その町では 子どもたちがいつも (ほら、ほら)
目を輝かせ 風の歌を聴いてるさ (ほら、ほら)

その町には 武器なんて似合わない (ほら、ほら)
その町には 笑顔が似合うのさ (ほら、ほら)

通りすがりの僕だけど まるでここでは

その町では 家族みたいだった
声を弾ませ 打ち明け話をしたさ

コメント

3/15は、バカ環だよ

2009-02-19 02:11:17 | Weblog
3月15日(日)に、あの、いい感じの上野水上音楽堂で、
「バカでもできるもん! 環境作戦会議」というイベントがあります。
略して「バカ環」です。

このくらいぶっちゃけたタイトルのほうが、いいっすよね、
環境とかのイベントって。

ということで、

東京・高尾山トンネル、
沖縄・泡瀬干潟のリゾート開発、
沖縄・東村高江の米軍ヘリパッド基地建設、
群馬・八ッ場ダム、
青森・六ヶ所村再処理工場、
山口・祝島の上関原発

この、6つの大問題に取り組む仲間が、
「何でもない人たちが解決のためにできること」
をコンセプトに、イベントを開催することになりまして、
この6カ所全部に行ったことのない私も、ちょっと参加させてもらって、
何か作るお手伝いをします。
行ったことない人が中にいるくらいなんで、何にも知らなくて
全然大丈夫です。ぜひ、みなさん来て下さい。待ってます。


今日、NHK「その時、歴史は動いた」で第五福竜丸のことをやってたんですけど、
原水爆禁止のムーブメントが、日本の主婦たちから始まったってのは
知らなかったです。しかも署名がたった1年で3200万人分集まったり、
日本の呼びかけに賛同して、世界中でも6億(!)を超える署名が集まって
世界を動かしていくくだりなんかは、ちょっとナミダ無しでは見られなかった。
で、運動を始めた杉並区の主婦たちも単なる素人なわけで、そういう
専門用語をスラスラ言うような人たちじゃない、普通の人たちが、
「嫌だったらイヤだ」と言うことがいかに大事かってのが
よくわかりました。
第五福竜丸については夢の島に展示館があります。
またこの事件を題材にしたものに、ベン・シャーンが描いて、
アーサー・ビナードが文章を付けた絵本や高田渡の名曲「鮪に鰯」がありますね。


と、話は「バカ環」に戻りますが、以下がイベント詳細です。
(新しい情報が出たら、追加します。)
TALK2に出る「SPA!編集部」の北川さんは、数週間前のSPA!で、入魂のガザ記事を
書かれた方です。あれは良かった!
そして、パタゴニアとサステナが作る「エコ議員スコア表」、気になる~!

以下転載-----------------------------


【3/15LIVE&TALKバカでもできるもん!環境作戦会議】

■ 日時 3月15日(日)12時開場、13時~19時
■ 場所 上野水上音楽堂
■ 参加費 1000円 中学生以下無料
■ 主催 環境作戦会議
■ 協賛 パタゴニア
■ TAIK1「喝よりウカツが効く!ニッポン環境大作戦」
 TALK2「覆面記者とお忍び政治家が語る!マスコミ・政治家の取扱説明書」

マエキタミヤコ(サステナ)・菊川慶子(六ヶ所)・冨田貴史(祝島)・
KEN子(高江・泡瀬干潟)・森明香(八ッ場)・坂田昌子(高尾山)
北川尚紀(週刊SPA!)・明珍美紀(毎日新聞社)・お忍び政治家さん& more

■ LIVE出演
渋さ知らズオーケストラ・ラビラビ・風義・
ゆめやえいこ・KEN子・辰巳玲子&礼(Land and Life)& more

■詳細は 特設サイト http://ameblo.jp/bakademokankyou/
■問い合わせ先 bakakankyou@gmail.com (担当:永友)


いっぱい作って、いっぱい壊して、わたしたちは何を得たのだろう…
とそろそろ振り返らなければならない時代に入っているのに、
この国は、いまだ巨大開発やら土木工事が大好き。
ひたすら作り続けることをやめようとしない。
おかげで日本中、大問題だらけ。

 東京の高尾山では、裁判で係争中なのにむりやり行政代執行、
生物多様性の山を破壊するトンネル工事を強行してしまうわ、
沖縄の泡瀬干潟では、「経済的合理性は認められない」という
那覇地裁の判決を無視して、サンゴの海に土砂を入れる工事を強行するわ、
沖縄の東村高江では、米軍のヘリパッド基地からヤンバルの森を守ろうと
座り込む住民たちを通行の邪魔だと訴えるわ、もう国は、やりたい放題。

どうしてこんなことになってしまったのだろう、
大切な自然や国土が、むちゃくちゃにされていくのを
指くわえて見ているしかないの?

「もう、限界!いいかげんにしてー」というわけで、
東京・高尾山トンネル、沖縄・泡瀬干潟のリゾート開発、
沖縄・東村高江の米軍ヘリパッド基地建設、群馬・八ッ場ダム、
青森・六ヶ所村再処理工場、山口・祝島の上関原発の6つの大問題に取り組む仲間が、
「何でもない人たちが解決のためにできること」をコンセプトに大集合!

 「マスコミはちっとも報道してくれない…」「政治家なんてあてにできない…」
なんてぼやいてるうちに(確かにそういう問題もあるけれど)、
永田町政治家たちの力はどんどん後退し、
霞ヶ関官僚たちは、やりたい放題になっているのが現実。

 パタゴニアとサステナで制作中の「エコ議員スコア表」も当日公開予定。
ぜひぜひみんなの判断基準にして欲しい。

 マイはし、マイカップ、マイバックの次は、
マイマスコミやマイ政治家をゲットしなくちゃ!
「バカ環」では、マスコミ現場記者や政治家もまじえた
「ぶっちゃけトークセッション」でみんなができるアクションを提案、
これ以上自然を壊し続けることを止めるには、どうしたらいいのか、
そのHOW TOをみんなでシェアしちゃいましょう!

政治に疎くってもOK!
自然や人間に疎くないならば。







コメント (3)

たまひよ関係

2009-02-18 06:17:29 | Weblog
たまひよの「初節句のお祝い返し」のサイトがオープンしまして、
そのカードデザインが昨日から見られます。

ベネッセのこども関係仕事は、いろいろやらせて頂いているんですが、
たまひよ関係は初めてでした。ふわとろプリンはかなり美味しい。

「写真でごあいさつカード」→「カード作成ページへ」→「同意して次へ」
→(ポップアップウインドウで)「初節句のお祝い返し」→「次へ進む」
ここで、スクロールバーで下にスクロールすると、たまひよキャラじゃなくて
わたしが作ったカードの柄が見られます。7パターンあります。
(※買わなくてもカードデザインは見られます)

初節句にひな人形とか鯉のぼりをもらった方々、(まだひな祭り前ですが)
ぜひよろしくで~す。
コメント

ゆびで、みる

2009-02-13 04:02:23 | Weblog
好きな絵本でトーマス・ベリイマン「指で見る
というのがあるんですが、それに近いかんじで、
三軒茶屋の生活工房で「ふれる写真展」という展覧会が2月15日までやっています。
去年12月にやっていたメキシコの展示もおもしろかったし、
最近、生活工房は、がんばってるかも。

「指で見る」は盲学校の生徒達の生活とインタビューをまとめたもので、
写真も子供たちの言葉もほんとうにすばらしいんですが、
表紙にも書いてある
「ぼく、どんな顔をしてるのかなぁ、さわれる鏡があればいいなぁ」
という言葉が、ちょっと実現したのが三茶の「ふれる写真」かもしれない。

ふだん、そーとー目に頼って暮らしてるはずだから、
わたしは、指でどれだけ“見れる”んだろうか。

2月14日には、大好きな港千尋さんによるトークもあります!!! 
コメント (2)