worldNote
世界の覚書

道州制、易姓革命、外国人参政権には反対です。伝王仁墓に百済門を作るのは場違いであり、反対です。
 



ドイツ、電気料金に占める公租公課が記録的な金額に 2013年6月25日
ドイツエネルギー・水道事業連合会(BDEW)は2013年6月10日、ドイツの電気料金に占める公租公課の合計額が過去最高の316億ユーロ(約4兆円)に達したことを明らかにした。これは電気料金負担額の約50%に相当する。

2012年と比較すると77億ユーロ(約9900億円)の増加(中略)

204億ユーロ(約2兆6000億円)分は再生可能エネルギー導入のための賦課金である。

ドイツの標準家庭(3人家族、年間電力使用量3500kWhの場合)の1カ月当たりの電気料金は約83ユーロ(約10800円)となり、1998年時点の約49.90ユーロ(約6400円)と比較すると約7割増えている。

この間、発送配電費用は11%しか増加していない(中略)2014年の再エネ賦課金はさらに上昇する可能性
酷い話だが、さすがに見直しが行われるのではなかろうか(BDEWの中の人もその必要性を述べている)。しかし日本は原子力を停めて化石燃料代が年間2.5兆円増とか2.9兆円増とか(数字は未確認)。

太陽電池、日本企業も破綻へ 2012年12月21日
世界の太陽電池市場は30ギガワット(ギガは10億)ほど。ところが、生産能力は50ギガワット程度もあり、明らかな供給過剰だ」と指摘する。多結晶シリコンモジュールのスポット価格は、「2011年1月はワット当たり約1.6ドルだったが、2012年11月には0.7ドルを切る水準まで下がった」
ロイター:太陽光パネルの独コナジー、破産を申請 2013年7月6日
ドイツの太陽光パネルメーカー、コナジーは5日、破産申請をした。世界の太陽光発電業界が過剰生産能力を抱えるなか、かつては欧州で業界最大手だった
太陽電池業界は魑魅魍魎の世界。

人気ブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 参院問題とTBS... 東洋そのもの... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。