きょうの世界昔話 gooブログ編

アンデルセン童話やグリム童話など、世界の昔話をイラストと朗読付きで毎日配信。

10月3日の世界の昔話 ブレーメンの音楽隊

2009-10-03 05:39:54 | Weblog

福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 10月の世界昔話


10月3日の世界の昔話


ブレーメンの音楽隊

イラスト Smile STATION



ブレーメンの音楽隊
グリム童話 → グリム童話の詳細


♪音声配信


 むかしむかし、ある人が、一匹のロバを飼(か)っていました。
 ロバは働き者でしたが、年を取って力がなくなったために、仕事が出来なくなってしまいました。
 そこで主人は、ロバにエサをあげなくなったので、ロバはさっさと主人の家を逃げ出したのです。
 そして、ブレーメンという町に向かって歩いて行きました。
 その町に行けば、町の音楽隊にやとってもらえるかもしれないと思ったからです。
 しばらく行きますと、疲れ果てた一匹のイヌが、道に寝転がっていました。
「おい。とても疲れているみたいだけど、どうしたんだい?」
 ロバの言葉に、イヌが答えました。
「いや、実はね。おれもすっかり年を取っちまって、体が日ましに弱ってきたのさ。狩りに出かけても、むかしのようにえものをつかまえられない。それで主人が、おれを殺そうとするんだ。おれは、あわてて逃げ出してきたってわけなんだが、・・・さて、これから先、どうしたらいいもんだろうなあ」
「ふーん。それなら、どうだい」
と、ロバは言いました。
「おれは、これからブレーメンヘ行って、あの町の音楽師になろうと思っているところだが、きみも一緒に行って、音楽隊にやとってもらったらどうだ。おれはギターをひくから、きみはタイコをたたきなよ」
 それを聞いて、イヌはすっかり喜びました。
 そこで二匹は、一緒に出かけました。
 すこし歩いて行きますと、一匹のネコが道ばたにすわりこんで、三日も雨にふりこめられたような顔をしていました。
「おや、ネコのばあさん、なにをそんなに困っているんだね?」
と、ロバはたずねました。
「わたしゃ、このとおり年を取っちまったし、歯もきかなくなった。それに、ネズミなんかを追いまわすよりも、ストーブの後ろにでもすわりこんで、のどをゴロゴロやってるほうが好きなのさ。ところがそうすると、うちのおかみさんはわたしを川の中へぶちこもうっていう気をおこしたんだよ。それでわたしゃ、急いで飛び出してきたんだけど、といって、うまい知恵もないし、これからどこへ行ったらいいんだろうねえ」
「ふーん。じゃあ、おれたちと一緒にブレーメンヘ行こうじゃないか。おまえさんは夜の音楽がおとくいだから、町の音楽隊にやとってもらえるよ」
 ネコは、それはいい考えだと思ったので、みんなと一緒に出かけました。
 家を逃げ出してきた三匹は、やがて、とある屋敷のそばを通りかかりました。
 すると門の上に一羽のオンドリがとまっていて、ありったけの声でさけびたてていました。
「きみは、腹の底までジーンとひびくような声でないているが、いったいどうしたんだい?」
と、ロバが聞きました。
「なあに、いいお天気だと知らせているところさ」
と、オンドリは答えました。
「なにしろ、きょうは聖母さまの日だろう。聖母さまが幼子キリストさまの肌着を洗濯して、かわかそうという日だからね。ところが、あしたの日曜にはお客さんが大勢くる。それで、なさけ知らずのおかみさんが、このぼくをスープにして食べちまえって、料理番の女に言いつけたのさ。だからぼくは、今夜、首を切られちまうんだ。それでせめて、声の出せるいまのうちにと思って、のどの破れるほどないているところさ」
「おい、おい、なにを言っているんだい」
と、ロバが言いました。
「殺されるのがわかっていて、なぜ逃げ出さない。いや、それよりおれたちと一緒に来たらどうだい。おれたちはブレーメンヘ行くところだ。死ぬくらいなら、それよりもましなことはどこへ行ったってあるさ。第一、きみはいい声だ。おれたちが一緒に音楽をやりゃ、たいしたもんだぜ」
 オンドリは、この申し出がたいへん気に入りました。
 それで今度は、四匹そろって出かけました。
 けれども、ブレーメンは遠くて、一日ではとても行けません。
 やがて夕方になり、一行は、とある森で夜をあかすことにきめました。
 ロバとイヌは、大きな木の下にゴロリと横になりました。
 ネコとオンドリは、木の枝にのぼりました。
 木のてっぺんを寝場所に決めたオンドリは、ふと、遠くのほうに、火がちらちらしているのを見つけました。
 そこで仲間に声をかけて、そう遠くないところに家があると言いました。
「それじゃ、そこへ行くとしよう。どうも、ここの寝心地はよくないからね」
と、ロバが言い、みんなは、あかあかとあかりのついている家の前まで来ました。
 一番、背の高いロバが、まどのそばへ行って、中をのぞいてみました。
「なにが見えるね、じいさん」
と、オンドリが聞きました。
「なにが見えるかって。・・・これはすごい。うまそうな食い物や飲み物が、いっぱいならべてあるテーブルがあって、そのまわりにドロボウどもがすわっているぞ」
「食い物か。そいつをいただきたいもんだ」
と、オンドリが言いました。
 そこで動物たちは、ドロボウを追いはらうには、どうしたらいいだろうかと相談をはじめました。
 そして、いろいろ相談したあげく、うまい方法が見つかりました。
 まず、ロバが前足をまどにかけて、イヌがその背中に飛び乗る。
 そのまた上にネコがのぼり、最後にオンドリが飛びあがってネコの頭の上にとまる。
 準備が出来ると、みんなはいっせいに音楽をやりはじめました。
 ロバは、ヒヒーン。
 イヌは、ワンワン。
 ネコは、ニャーニャー。
 オンドリは、コケコッコー。
と、なきさけびました。
 それからまどをつきやぶって、四匹がいっせいに部屋の中へ飛び込みました。
 ドロボウたちは、ビックリして飛び上がりました。
 お化けが飛び込んで来たにちがいないと、思ったのです。
 みんなはふるえあがって、森の中へいちもくさんに逃げて行きました。
「よしよし、うまくいったぞ。さあ、ごちそうを食べよう」
 四匹はテーブルについて、のこっていたごちそうをおいしそうに食べました。
 それこそ、お腹がはじけるくらい、いっぱい食べました。
 四匹はごちそうを食べおわると、家のあかりを消して、それぞれ寝心地のいい場所を探しました。
 ロバは、わらのつみあげてある上に、
 イヌは、戸のうしろに、
 ネコは、かまどの上のあたたかい灰のそばに、
 オンドリは、天井の横木の上に、
 みんな、疲れきっていたので、すぐにグッスリと寝こんでしまいました。
 さて、真夜中になって、ドロボウたちが帰ってきました。
「いやに静かだな。もう、お化けはどこかに行ったのかもしれんぞ」
 そこでドロボウのかしらは、手下の一人にようすを見に行かせました。
 手下が行ってみますと、家の中はシーンと静まりかえっています。
 そこで台所に入って、あかりをつけようとしました。
 ところがそのとき、この男は暗やみに光っているネコの目を炭火だと勘違いして、その目にいきなりマッチをおしつけてしまいました。
「フギャー!」
 ビックリしたネコは、ドロボウの顔を思いっきり引っかきました。
 ドロボウは、あわてて裏口から逃げ出そうとしました。
 ところが、そこに寝ていたイヌのしっぽをふんでしまったので、イヌに足をガブリとかまれてしまいました。
 ますますあわてたドロボウは庭へ飛び出して、わらのつんであるそばをかけぬけようとしますと、今度はロバに蹴飛ばされてしまいました。
 おまけにオンドリも、このさわぎに目を覚まして、
「コケコッコー!」
と、さけびながら、ドロボウのあたまをくちばしでつつきます。
 ボロボロにされたドロボウは、なんとか、かしらのところへ逃げ帰りました。
「おかしら、あの家には、おっそろしい魔女(まじょ)がいます。いきなり、あっしに息をふっかけたかと思うと、長い指であっしの顔をひっかきやがったんでさ。戸の前には男が立っていて、ナイフをあっしの足に突き刺しやがる。庭には黒い怪物が寝ころんでいて、こん棒であっしをぶんなぐります。おまけに屋根には裁判官がいて、『その悪者を連れて来い』と、どなりながら、あたまにペンを突き立てるんです。とにかく、あっしゃは、ほうほうのていで逃げてきました」
 その話を聞いたドロボウたちは、二度とこの家には近づきませんでした。
 いっぽう、四匹の動物たちは、この家が気にいってしまい、ブレーメンには行かずに、この家でずっとくらしたということです。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日 → 登山の日
きょうの誕生花 → おとこえし
きょうの誕生日 → 1950年 宮川大助(漫才師)



きょうの日本昔話 → 正体のばれたキツネ
きょうの世界昔話 → ブレーメンの音楽隊
きょうの日本民話 → ハチとクモとアリ
きょうのイソップ童話 → どろぼうとニワトリ
きょうの江戸小話 → しゃれこうべをつった男


hukumusume.com サイト一覧


最新の画像もっと見る

コメントを投稿