きょうの世界昔話 gooブログ編

アンデルセン童話やグリム童話など、世界の昔話をイラストと朗読付きで毎日配信。

8月26日の世界の昔話 大入道と仕立屋

2009-08-26 05:41:18 | Weblog

福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 8月の世界昔話


8月26日の世界の昔話


大入道と仕立屋



大入道と仕立屋
グリム童話 → グリム童話の詳細


 むかしむかし、あるくたびに、ドスーン、ドスーンと、地面がゆれる、とても大きな大入道がいました。
 あまりにも大きいので、頭はいつも雲の中にかくれてしまいます。
 ある日、大入道はいいました。
「ひまだなあ。人間をつかまえてこよう」
 ドスーン、ドスーンと大入道が森を歩いていると、一人の男が、山道でキョロキョロしています。
 大入道がたずねました。
「おい。おまえはだれだ?」
「はい、町の仕立屋(したてや)でございます」
「なにしにきた?」
「はい。山の中に、いい仕事でもないかとさがしにきました」
「では、おれのうちへきてはたらかないか?」
「それはいいですが、おれいになにをくれますか?」
「もちきれないほど、金貨をやろう」
 仕立屋さんは、大入道の家へいくことにきめました。
 そして金貨をもらって、はやくにげだそうとかんがえました。
 二人は、大入道の家につきました。
「おい、チビ。水をおけにくんでこい」
「おけにですか? なぜ、井戸(いど)ごともってこいと、いわないのですか?」
「なんだと。井戸ごとだって?」
 大入道はおどろきました。
 仕立屋さんは、こんな大きなことをいって、水くみにでかけました。
 もちろん、おけにです。
「おい、チビ。こんどは山へのぼって、まきを五、六本とってこい」
「たったの五、六本ですか? なぜ、山中の木をたばにかかえてもってこいといわないのですか?」
「なんだと。山中の木をたばにだって?」
 大入道は、目をまるくしました。
 仕立屋さんはえらそうに手をふって、まきをとりにいきました。
 もちろん、まきは五、六本です。
「おい、チビ。ばんごはんのおかずだ。イノシシを二、三匹とってこい」
「たった二、三匹ですか? なぜ、千匹ほどとってこいといわないのですか?」
 大入道は、おどろいていいました。
「人間はとてもおそろしい。水をおけではなく、井戸ごと。まきは五、六本ではなく、山中の木だというし、おまけにイノシシは二、三匹ではなくて、千匹だという。もしかして人間は、とてもつよい生き物なのだろうか? ・・・おおっ、おそろしい。どうしたら、あいつをおいはらうことかできるだろう」
 大入道はそのばん、仕立屋がこわくてねむれませんでした。
 そのうちに、夜があけました。
 大入道は、にわのやなぎをゆびさしました。
「おい、チビ。このやなぎのえだにのってみろ。おまえの力で、どれほどしなるかためしてみろ」
 仕立屋さんは大きく息をすいこんで、やなぎのえだにのりました。
 やなぎは、弓のようにしなりました。
 けれども、息をとめてふんばっていることは、つらいものです。
「プハーッ!」
 仕立屋さんは、大きく息をはきだしました。
 そのひょうしにえだははねかえって、仕立屋さんは天高くとんでいきました。
 ビューーーウ!
 大入道は、大きくため息をつきました。
「やれやれ、なんとか人間を追い払うことができた」
 それから大入道は、二度と人間をつかまえることはしませんでした。


おしまい


きょうの豆知識と昔話


きょうの記念日 → レインボーブリッジの日
きょうの誕生花 → へちま
きょうの誕生日 → 1964年 つちやかおり(俳優)


きょうの新作昔話 → 淵の大グモ
きょうの日本昔話 → 人の精気を吸うがま
きょうの世界昔話 → 大入道と仕立屋
きょうの日本民話 → 心のやさしい一休さん
きょうのイソップ童話 → ゼウスとプロメテウスとアテネとモモス
きょうの江戸小話 → 首売り


hukumusume.com サイト一覧


最新の画像もっと見る

コメントを投稿