人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

パワハラ相談4割強で増/日本経済団体連合会

2022-01-31 23:15:09 | その他



こんにちは。 社会保険労務士法人workupです。

日本経済団体連合会は、

「職場のハラスメント防止に関するアンケート結果」を取りまとめました。

パワーハラスメントに関する相談件数では

「増えた」が44%と最も多く、

「変わらない」は30.8%、「減った」は16.3%でした。

セクシュアルハラスメントに関する相談件数では、

「変わらない」が45.3%と最多で、

次に「減った」が28.8%となっています。

相談件数が増えた理由としては、

法施行に伴う社会の関心の高まり、

相談窓口の周知の強化、

経営トップメッセージや研修実施による

意識の向上などが挙げられると考えられています。


ハラスメントに関する最近の相談動向・形態では、

コミュニケーション不足を起因とする相談の増加が挙がりました。

具体的には、「リモートワークによりコミュニケーションが

希薄化するために起こるすれ違い」、

「コミュケーション不足からお互いの信頼関係が構築されないことにより、

上司等の業務上の注意や指導をパワーハラスメントと捉え相談するケース」

などがあったとのことです。

また、パワーハラスメントの理解不足による相談の増加もあったとみています。

具体的には、「指摘・指導、あるいは上司や周囲の言動で、本人の意に沿わない

という点のみでハラスメントを主張しているケース」などとしています。


このアンケートは経団連企業会員400社を対象に実施されたものであるが、

ハラスメント防止・対応の課題について当てはまる原因のアンケートも取っており、

上位3つは「コミュニケーション不足」、「世代間ギャップ、価値観の違い」、

「ハラスメントへの理解不足(管理職)」となっているとのことです。

詳細の日本経済団体連合会の記事は、以下にてご覧いただけます。

■職場のハラスメント防止に関するアンケート結果

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
社会保険労務士法人workup

株式会社workup人事コンサルティング
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 業務改善助成金「特例コース... | トップ | 令和4年度の健康保険料率/全... »
最新の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事