人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

過労にかかる労災補償状況

2015-06-30 23:55:12 | その他



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


厚生労働省は6月25日に平成26年度の「過労死等(※1)の

労災補償状況」を取りまとめましたので、公表しました。


【ポイント】

1 脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況
(1)請求件数は763 件で、前年度比21 件の減となり、
3年連続で減少した。

(2)支給決定件数は277件(うち死亡121件) で、
前年度比29 件の減となり、2年連続で減少した。

(3)業種別(大分類)では、請求件数は「運輸業,郵便業」168 件 、
「卸売業,小売業」 126 件、「建設業」97件の順で多く、
支給決定件数は「運輸業,郵便業」92 件、「卸売業,小売業」35 件、
「製造業」31 件の順に多い。
中分類では、請求件数、支給決定件数ともに
「運輸業,郵便業」の「道路貨物運送業」 120 件、77 件が最多。

(4)職種別 ( 大分類 ) では、請求件数は
「輸送・機械運転従事者」 149 件、「サービス職業従事者」125件、
「専門的・技術的職業従事者」 102 件 の順で多く、支給決定件数は
「輸送・機械運転従事者」88 件、 「専門的・技術的職業従事者」44 件、
「管理的職業従事者」37件の順に多い。
中分類では、請求件数、支給決定件数ともに
「輸送・機械運転従事者」の「自動車運転従事者」 143 件、
85 件が最多。

(5)年齢別では、請求件数は「 50 ~ 59 歳」 251 件、
「40~49歳」 222 件、「60 歳以上」198 件の順で多く、
支給決定件数は「 50 ~ 59 歳」 111 件、「 40 ~ 49 歳」 93 件、
「30~39 歳」39 件の順に多い。


2  精神障害に関する事案の労災補償状況
(1) 請求件数は 1,456 件で、前年度比47 件の増となり、
過去最多。

(2) 支給決定件数は 497 件(うち未遂を含む自殺99件)で、
前年度比61 件の増となり、過去最多。

(3) 業種別( 大分類)では、請求件数は「製造業」 245 件、
「医療,福祉」 236 件、「卸売業,小売業」213 件の順に多く、
支給決定件数は「製造業」81 件、「卸売業,小売業」71 件、
「運輸業,郵便業」63 件の順に多い。
中分類では 、請求件数は「医療,福祉」の
「社会保険・社会福祉・介護事業」140件、支給決定件数は「
運輸業,郵便業」の「道路貨物運送業」41 件 が最多。

(4) 職種別(大分類)では、請求件数、
支給決定件数ともに「専門的・技術的職業従事者」347件、110件、
「事務従事者」336 件、99件、「サービス職業従事者」193 件、63件 の順に多い。
中分類では、請求件数、支給決定件数ともに「事務従事者」
の「一般事務従事者」 210 件、56 件が最多。

(5) 年齢別では、請求件数、支給決定件数ともに
「40 ~49 歳」 454 件、140件、「30 ~3 9 歳」419 件、138件、
「 20 ~ 29 歳」 297 件、104件の順に多い。

(6) 出来事別の支給決定件数は、
「悲惨な事故や災害の体験、目撃をした」72件、
「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」69 件
の順に多い。


(※1)「過労死等」とは、

過労死等防止対策推進法第2条において、
「業務における過重な負荷による脳血管疾患若しくは
心臓疾患を原因とする死亡若しくは業務における強い
心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡又は
これらの脳血管疾患若しくは心臓疾患若しくは精神障害をいう。」
と定義されています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 食品衛生管理の教育ツールとして | トップ |  2015年 春闘最終結果 »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事