人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

安全配慮義務を考える

2010-06-24 21:17:16 | 労働法

───会社に安定と発展を 社員にいきがいと成長を───


こんばんわ 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


最近、「会社の安全配慮義務」という言葉を見たり聞いたりすることはありませんか?



安全配慮義務とは「社員を業務に従事させるにあたって、

社員の生命・身体・健康を守るべき義務」と言われています。


また、労働契約法には次の条文があります。

第5条(労働者の安全への配慮)

 使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働する

ことができるよう、必要な配慮をするものとする。



安全配慮義務違反となるポイントは以下の2点です。

1.予見可能性

社員への被害が予測できたとき


2.結果回避可能性

被害を避ける手段が会社にあったとき


予測もできる、回避することもできるのに何も策を講じなかったとき

安全配慮義務違反となる可能性が高まります。



たとえば、長時間労働を繰り返している社員がくも膜下出血で倒れたとき、

会社側で長時間労働に対する策を何も講じていなければ、安全配慮義務違反

となる可能性が高まるのです。



会社が講じなければならない安全配慮義務には、

長時間労働以外にも様々な面で配慮が必要になると思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright© 2010 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 固定残業手当制 はリスクが... | トップ | セミナー開催のご案内 »
最近の画像もっと見る

労働法」カテゴリの最新記事