人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

育児休業給付金の給付率アップ

2014-04-11 23:50:08 | 労働法



こんばんは。 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


本日は、田中淳史が担当します。


出産・育児関係の法律が4月より改正されました。

■育児休業給付金の給付率アップにしました。

支給対象期間(1か月)あたり、原則として

休業開始時賃金日額×支給日数の67%(※)相当額。


※67%の支給率は、育児休業の開始から6か月までです。
 6ヵ月経過後は、従来通り50%です。

26年4月1日以降に育児休業を開始される方が

対象ですのでご注意ください。


■産前産後休業期間の社会保険料免除制度がスタートしました。

4月30日以降に産前産後休業が

終了となる方(4月分以降の保険料)が対象となります。


産前42日(多胎妊娠の場合は98日)、産後56日のうち、

妊娠または出産を理由として労務に従事しなかった期間が

保険料が免除されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
workup人事コンサルティング
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« キャリアアップ助成金の支給要件が拡充 | トップ | 労働移動支援助成金の拡充 »
最近の画像もっと見る

労働法」カテゴリの最新記事