人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

中国出張記 雑感

2010-09-10 20:18:46 | 海外人事



こんばんわ 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


昨晩、4泊5日の中国出張から帰国しました。

北京、上海と出張しましたが体調を崩すことなく戻ることができました。

私にとっては、今回の出張が職業生活の中で大きな転機になることは間違いありません。

現地赴任者の生の声を多く聞くことができ、日本本社の対応方法について改めて

充実していく必要があるものと強く感じております。


駐在員が求めるものには共通点がありそうです。


その話題は後日、書いていきたいと思います。


今日は出張記の1日目ですので、出張中に感じた中国の表面的な印象を書きます。


・北京はいつも曇っている
・どこの食堂、ホテル等サービス業に入っても社員には笑顔がない
・新しい建物もとても古く感じる(現に壊れている)
・土ホコリ(ホコリが舞っており、クシャミが出た)
・光化学スモッグ
・見えない部分に手抜きが見受けられる(建物等)
・交通渋滞、クラクション、事故
・人・人・人、土地・土地・土地(上海から浦東へのリニアに乗るとまだまだ開発できる土地があることに気づく)
・高級車が多い(Mercedes-Benz、BMW、LEXUS、buick・・・)
・麻婆豆腐がうまい(店によるらしい)
・上海の蒸し暑さ
・上海は宇宙都市(マンガのような建物)
・上海のどこまでも続くビル群とそこにタムロう地方出身者
・北京のタクシーは現代(ヒュンダイ)自動車
・タクシー運転手の短気さ(言葉のイントネーションは関西弁に近い)
・飲み水の危険性
・水回り設備の劣悪さ
・元気な駐在員とその笑顔、バイタリティ
・都市で売られている物はそれほど安く感じられない(菓子パン4元、カゴメの野菜ジュース5元、バナナ3本で6.5元)
・都市部には古い街並みが少ない
・標識がわかりにくい
・日本語が通じない
などなど


このような機会を与えていただき、ご同行させてくださいました社長を

はじめスタッフの方々に深く御礼申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2010 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 6日から中国出張のためブロ... | トップ | 中国の社員は否を認めない!? »
最近の画像もっと見る

海外人事」カテゴリの最新記事