人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

外国人技能実習生の実習実施機関に対する監督指導等状況を公表/厚労省

2016-08-19 23:44:20 | 労働法



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


厚生労働省はこのほど、全国の労働局などの労働基準監督機関が、

2015年に技能実習生の実習実施機関に対して行った監督指導や

送検の状況を公表しました。

それによると、労働基準関係法令違反が認められた実習実施機関は、

監督指導を実施した5,173事業場のうち3,695事業場で、

実に、監督指導を実施した事業場の71.4%という高い割合となりました。


主な違反内容は、

(1)違法な時間外労働など労働時間関係(22.6%)、

(2)安全措置が講じられていない機械を使用させていたなどの安全基準関係(20.8%)、

(3)賃金不払残業など割増賃金の支払関係(15.0%)。


また、重大・悪質な違反により送検されたのは46件となりました。

厚生労働省は、実習実施機関に対し、労働基準関係法令などの周知・啓発に

努めるとともに、労働基準関係法令違反の疑いがある実習実施機関に対しては

監督指導を実施するなど、引き続き、技能実習生の適正な労働条件と

安全衛生の確保に重点的に取り組んでいくと発表しています。



■外国人技能実習生の実習実施機関に対する監督指導等状況/厚労省

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 介護労働者の不足感が高まる... | トップ | 「同一労働同一賃金」支援セ... »
最近の画像もっと見る

労働法」カテゴリの最新記事