人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

「いじめ・嫌がらせ」で約6万件

2014-06-13 23:58:32 | その他



こんばんは。 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


厚生労働省は、平成25年度個別労働紛争解決制度(※)の
施行状況を発表しました。

総合労働相談は、前年度に比べて、件数が減少しましたが、
6年連続で100万件を超えており、高止まりの状況が続いています。

■相談内容の多い順は、
 1.いじめ・嫌がらせ:59,197件(19.7%)
 2.解雇:43,956件(14.6%)
 3.自己都合退職:33,049件(11.0%)
 4.労働条件の引き下げ:30,067件(10.0%)
 5.退職勧奨:25,041件(8.3%)
 となっています。

■相談者は、労働者(求職者を含む)が
 199,123件(81.0%)と大半を占めており、
 事業主からの相談は 27,530件(11.2%)です。

■就労形態別で相談が多いのは、
 1.正社員:97,573件(39.7%)
 2.パート・アルバイト:40,604件(16.5%)
 3.期間契約社員:26,696件(10.9%)
 4.派遣労働者:10,031件(4.1%)
 となっています。

※個別労働紛争解決制度は、個々の労働者と事業主との間の
 労働条件や職場環境などをめぐるトラブルの未然防止や
 早期解決を支援するものです。
 総合労働相談、労働局長による助言・指導、
 紛争調整委員会による、あっせんの3つの方法があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
workup人事コンサルティング
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 年金の現況と見通し(厚労省) | トップ | 混合診療 大幅拡大へ »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事