人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

採否の判断基準を共有化

2011-10-14 23:36:24 | 採用



こんばんわ。 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


正社員の採用は慎重にされているものと思います。


ただ今までは社長がすべての応募者と面接し

採否を決定していたが、

なかなか時間がとれず、今は面接ができない、

というケースもあります。


このような場合、別の誰かが面接する

こととなります。このようになると、

採用担当により採用の価値観が異なり、

社長ならば採用したであろう応募者を

不採用としてしまうケースが出てきます。(またその逆も。)


価値観のブレをなくすために、面接のときには、

何をポイントに聞かなければならないか、

書類選考のときには何を見なければならないか、

書面化し、採用担当者で共有する必要があります。


たとえば、転職回数、健康状態等々・・・

どのような基準で採否の判断をするか

共有化しておきましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2011 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 残業問題、うちの会社は大丈... | トップ | 社員に頼らざるをえない »
最近の画像もっと見る

採用」カテゴリの最新記事