人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

残業は上司の許可があって行えるもの

2010-05-18 20:42:09 | 賃金:残業手当

───会社に安定と発展を 社員にいきがいと成長を───


こんばんわ 東京都北区の人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


やはり、残業は上司の指示があって実施できるものしていくべきでしょう。


中小企業においては、基本給が高くないことを反映してか残業手当を生活の足しに

しておられる方もいらっしゃいます。それはどの経営者にお伺いしても

お話されるところです。



しかし、仕事がないのにも関わらず残業をしては、人件費が出ていくばかりです。


「残業実施の判断は本人に任せている」ということを換言すれば、

残業手当を自分の意思でコントロールできる、ことになります。


仕事があって、上司がその残業を認めたときに残業できる体制にしていかなければ

不況下の昨今、経営危機に陥る要因につながってしまいます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 賃金は4つの側面があります | トップ | 年齢計算 5月1日生まれな... »
最近の画像もっと見る

賃金:残業手当」カテゴリの最新記事