人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

係長が課長の賃金を追い越してしまう!?

2010-05-12 19:57:33 | 賃金:残業手当

───会社に安定と発展を 社員にいきがいと成長を───


こんばんわ 東京都北区の人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


係長と課長の給与が逆転してませんか?

係長の方が残業をたくさんしているので、管理職の課長の月給を追い越している

事例が散見されます。



賃金の逆転現象が起こると管理職になっても責任ばかり重く、

賃金は係長のときより低く「やってられない!!」
という不満の

温床につながります。



賃金を考えるうえで、逆転が起きないよう十分配慮しなければなりません。

たとえば管理職手当を潤沢に支給し係長が課長の賃金を追い越さないよう

に配慮する必要があります。



ここは、名ばかり管理職の焦点でもあります。

管理職の定義のひとつに、給与が潤沢に支払われている、があります。



係長より賃金が低くなってしまうと、「給与が潤沢である」とは言いにくくなります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright© 2010 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
blogram投票ボタン






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 雇用保険制度が変わりました | トップ | 労働時間管理が複雑化しています »
最近の画像もっと見る

賃金:残業手当」カテゴリの最新記事