人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

絶対額の高さより昇給を

2011-02-22 19:32:44 | 賃金:基本給



こんばんわ。 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。



賃金の絶対額がいくら高くても、

人間は満足しないようです。


むしろ絶対額はそこそこでも、

評価を受けて、少しでも昇給のある方が満足度が

高まる、と話す専門家の方が多いです。


基本給にはシングルレートといって、

基本給は原則的に変動しない支給方法

があります。


人件費管理の上では、昇給がないので経営者には

好かれます。


ところがシングルレート方式だと基本的に

昇給がないので、働く側のモチベーションが

下がってしまう恐れがあります。


基本給を設計するときには

モチベーションの観点からも、

シングルレート方式がいいのかどうか

検討する必要があります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2011 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 評価について | トップ | 他人の給与はだいたい分かっ... »
最近の画像もっと見る

賃金:基本給」カテゴリの最新記事