人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

給与を多く支払いたい人材

2011-01-19 19:06:22 | 賃金:全般



こんばんわ。 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


40歳以上の方々は、景気の良い時の日本を知っており、

自らも賞与や月例賃金により実感した経験をお持ちかもしれません。



頑張らなくても賃金が伸びていた時代もあった。

ところが今や、頑張っても賃金が伸びないかもしれない。

怠けていたら賃金が下がるかもしれません。


昨日のブログでは、私が新卒の当時に人事担当役員から言われた

「毎年5,000円の昇給で、10年間昇給しても50,000円だ。

20年いても100,000円の昇給にしかならない。どうする?」

という言葉を思い出し、記載しました。

【参考:10年経ってもせいぜい5万円しか賃金は増えない!?】



今日はその続きです。

どのような人材なら賃金が伸びていくのか・・・、そのヒントを探りたいと思います。



あるIT企業経営者が書いた本によると、

SEはどう頑張っても年収600万円までしか出さないそうです。

ただし、年収600万円を超えるSEもいるとのこと。以下の7つが

備わっている方はそのボーダーを超えるといいます。


1.リーダーシップ
2.コスト感覚
3.営業力
4.精神的タフさ(逃げない)
5.組織第一主義
6.未来をみる力
7.覚悟(身を粉にして働く同士としての覚悟はあるか)


注目すべきは上記3です。

通常、高度な開発ができるSEが優秀だと考えがちなのですが、

その会社では、あまり重きを置いておりません。

むしろ、SEという守備範囲を広げ、仕事をしながら、

仲間の仕事とってくるSEを求めているのです。


「優秀な人」はどんな人か、「頑張っている人」とはどんな人か

と問われたら、その経営者は上の7つをあげるでしょう。

そして、その経営者からすると、

このような人に賃金を多く配分したいと考えるのでしょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2011 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 10年経ってもせいぜい5万... | トップ | 労働時間制度を見直したいとき »
最近の画像もっと見る

賃金:全般」カテゴリの最新記事