人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

年収300万円が結婚の分岐点

2011-05-13 11:59:59 | 賃金:全般



こんばんわ。 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


内閣府の「結婚・家族形成に関する調査報告書」(H23.3月まとめ)

を発表しました。


これによると、年収300万円が結婚の分岐点となっ

ていることが捉えられました。


よく聞く言葉として、少なくとも○○歳までには結婚できる

年収を出してあげたい、などと聞きます。



少なくとも300万以上/年はないと、生活できないという

思いが、独身者のなかにはあるのですね。



私のイメージでは400万円/年以上にならないと、結婚に踏み出さないと

と思っておりましたので、ギャップがありました。



適齢期になった社員については、300万以上は少なくとも

支給していく認識を持つ必要があるのですね。




また、次のような内容等も発表しておりますので

参考までに記載しておきます。

・男性は、正規雇用のほうが結婚しやすい。
・雇用別にみると、性別・年齢問わず、正規雇用の方が
 非正規雇用より「既婚」「恋人あり」の合計が高い。
・男性の「既婚率」は、20 代 30 代では、
 年収 300 万円未満が 8~9%で最も低く、年収 300 万円以上に
 なると約 25~40%程度となり、大きな開きがある。
・雇用や年収は、結婚や恋人交際率に大きく影響を与えている。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2011 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 労働・年金相談会に参加しました | トップ | 上司のその暴言・荒声が・・・ »
最近の画像もっと見る

賃金:全般」カテゴリの最新記事