人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

残業許可書の作成ポイント(記入に要する時間)

2010-09-30 18:14:13 | 賃金:残業手当



こんばんわ。 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


労働基準監督署は労働時間算定について、

タイムカード、ICカード等の客観的な記録を

基本情報とし、必要に応じ管理職の「残業指示書」等を、

突合することにより確認、記録してほしい旨、

指導しています。



最近はダラダラ残業対策として「残業指示書」や

「残業許可書」を作成し、適用している事業所が多くなって

いるものと思います。



ところが笑い話ではないのですが、

「残業許可書」を書くために残業をしている場合が

見受けられるようです。


つまり残業許可書を書くことが多くの手間をとり、

結果として残業が発生している状況とのことらしいのです。

本末転倒も甚だしいですね。


「残業許可書」は3分や5分でササッと書きあげられるものでないといけません。

しかも聞きたいポイントを突いている必要もあります。


「残業許可書」はどのような構成、内容とするか、に焦点があたりますが、

何分で書きあげられるか、という観点からも知恵を絞らなければなりません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2010 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 指示待ち人間でもOKです!? | トップ | 残業削減を実行する理由 »
最近の画像もっと見る

賃金:残業手当」カテゴリの最新記事