人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

定年制度の対象者は希望者全員から基準適合者全員へ

2013-11-29 23:54:30 | 高年齢者雇用



こんばんは。 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。

本日は、田中淳史が担当します。


厚生労働省の就労条件総合調査(平成25年)によると、
定年制を定めている企業割合は93.3%(前年92.2%)で、
このうち、一律に定めている企業割合は98.4%(同98.8%)、
職種別に定めている企業割合は1.2%(同1.0%)となっています。


一律定年制を定めている企業のうち、
勤務延長制度、再雇用制度、または両制度の併用を
実施している企業割合は92.9%(前年92.1%)でした。


制度別では、

勤務延長制度のみ:9.0%(同11.4%)
再雇用制度のみ:73.9%(同71.6%)
両制度の併用:10.0%(同9.1%)


上記制度の対象者の範囲は、
勤務延長制度では、

原則として希望者全員:46.0%(同49.1%)
基準に適合する者全員:51.7(同46.6%)

再雇用制度では、
原則として希望者全員:44.2(同39.9%)
基準に適合する者全員:54.6(同57.5%)

対象者の範囲は、原則として希望者全員から
基準に適合する者全員に移行しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
workup人事コンサルティング
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 名選手は疲れない!? | トップ | 特別休暇・有給休暇の例 »
最近の画像もっと見る

高年齢者雇用」カテゴリの最新記事