人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

ワクチン接種に関する休暇や労働時間の取扱い /厚労省

2021-05-21 23:35:49 | 労働時間



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。


職場における感染防止対策の観点からも、

労働者の方が安心して新型コロナワクチンの接種を

受けられるよう、

ワクチンの接種や、接種後に労働者が体調を崩した場合

などに活用できる休暇制度等を設けていただく

などの対応は望ましいものです。



また、

①ワクチン接種や、接種後に副反応が発生した場合の

療養などの場面に活用できる休暇制度を新設することや、


既存の病気休暇や失効年休積立制度

(失効した年次有給休暇を積み立てて、

病気で療養する場合等に使えるようにする制度)等

をこれらの場面にも活用できるよう見直すこと、



②特段のペナルティなく労働者の中抜け

(ワクチン接種の時間につき、

労務から離れることを認め、

その分終業時刻の繰り下げを行うことなど)

や出勤みなし(ワクチン接種の時間につき、

労務から離れることを認めた上で、

その時間は通常どおり労働したもの

として取り扱うこと)を認めることなどは、

労働者が任意に利用できるものである限り、

ワクチン接種を受けやすい環境

の整備に適うものであり、一般的には、

労働者にとって不利益なものではなく、

合理的であると考えられることから、

就業規則の変更を伴う場合であっても、

変更後の就業規則を周知すること

で効力が発生するものと考えられます(※)。



こうした対応に当たっては、

新型コロナワクチンの接種を希望する労働者

にとって活用しやすいものになるよう、

労働者の希望や意向も踏まえて

御検討いただくことが重要です。



※ 常時10人以上の労働者を使用する

事業場の場合、就業規則の変更手続も必要です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所
この記事についてブログを書く
« 令和2年度11月「過重労働解... | トップ | 2020年情報通信業基本調査(2... »
最新の画像もっと見る

労働時間」カテゴリの最新記事