人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

等級数が多すぎるか

2011-03-23 18:45:58 | 等級制度



こんばんわ。 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


等級とは社内において仕事ができるレベルを

表わしたものです。


1等級、2等級・・・という言い方をします。


1等級は「見習い」

2等級は「独力で出来る」

など等級には、等級ごとの定義をさだめていきます。



世の中には、

15等級とか18等級という等級制度もあるようです。



等級数が多いと、様々な面で不合理が生じてきます。

その一つとして上述に示した等級に相応しい定義が

定まらない、という問題が生じます。



例えば13等級と14等級の違いが明確でない等です。



また等級数が多いと年功的な運用になってしまう等あります。



さて、わが社の等級は何等級でしょうか。

また、等級に求められる定義がしっかり定まっていますでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2011 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 決死の覚悟での仕事 | トップ | 働くということ »
最近の画像もっと見る

等級制度」カテゴリの最新記事