人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

相手に伝わらないと売れません

2010-07-23 20:28:38 | 人事考課

───会社に安定と発展を 社員にいきがいと成長を───


こんばんわ 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


人事考課項目に「表現力」を掲げている会社は多いと思います。

簡略化して述べると、相手に伝えるべき内容を伝えることができるかどうか、

要領よく伝えているか、を問うています。



多くの社員は「自分の説明は伝わっている」と信じていますが、

実際は伝わっていない場合が多いのではないのでしょうか。



特に専門職の方の説明は分かりにくい傾向があります。

説明に用語がとても多いのです。IT系に至っては、その用語の多さから、

「それはどういうことですか?」と聞き返す場面が多々あります。



例えば、パソコン売り場の店員さんに、いろいろ説明を受ける機会がありますが、

その説明が「良くわかった、すっきりした」と感じられる店員さんと

そうでない店員さんがいますよね。



懇意させていただいている、ある経営者から、

難しい内容をどこまで簡略化して、分かりやすく専門外の方々に伝えられるか、

というテーマはとても重要、とのお話がありました。



というのは、わが社の新製品がお客様に全然伝わっていなければ、

すばらしい製品を作っても全く売れない、結果になってしまうからです。



相手に伝えることはとても重要です。

わが社の社員の表現力をチェックしてみてはいかがでしょうか。

以外と説明力アップが売上アップのキーになるのではないでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright© 2010 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 退職を控えた社員の有給休暇... | トップ | えっ、こんなことも採用面接... »
最近の画像もっと見る

人事考課」カテゴリの最新記事