人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

家族手当を時間外手当の基礎へ含める場合

2010-11-08 22:30:00 | 賃金:残業手当



こんばんわ。 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。



「家族手当は時間外手当の基礎となる賃金から除外してもよい」


「なぜなら、労働基準法施行規則21条に除外対象の賃金(以下参照)に挙げられているから」、

と答えたいところです。


家族手当
通勤手当
別居手当
子女教育手当
住宅手当
臨時に支払われた賃金
1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金


ところが、規定上、扶養人数に関係なく一律に支払われている家族手当は、

時間外手当の算定に含めなければなりません。(S22.11.5基発231号)


例えば、独身者へ支給している家族手当は上記に該当しますので、算定の基礎に含める

必要があるのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2010 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 法は法を知る者のためにある!? | トップ | パートさん等の雇止めの基準とは »
最近の画像もっと見る

賃金:残業手当」カテゴリの最新記事