人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

データ化した履歴書の留意点

2011-07-19 23:49:58 | 採用



こんばんわ。 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


最近は履歴書を手書きでなく、

データ化(ワープロ)し、

使いまわしている応募者が多くなっております。


もっとも就業規則上、採用の選考にあたり、

「手書きの履歴書の提出」とうたってある場合は、

手書きの履歴書を再提出してもらわなければなりませんが・・・。


さて、データ化された履歴書を応募者からいただいた

社長や採用担当者は味気なさを感じることが往々にあります。


肉筆のもつ温かみ、字から見え隠れする性格などは、

手書きでないと発見できないところです。


データ化された履歴書を提出したいときには、

このようなデメリットを考慮しなければなりません。

工夫して魅力を感じてもらわなければなりません。


たとえば、市販されている手書き用の履歴書は

画一的な項目内容となっていますので、

データ化したときにはあえて

「最近感銘を受けた本」、「自分の夢」、「座右の銘」などを

記載をしてみるのも方法の一つです。


また、強調したいところに色などを付けることも、

市販にはないオリジナルの履歴書になり、

応募者の魅力に繋がるかもしれません。


データ化した履歴書を提出する場合はこのように

応募者の「味」いわゆる「人間味」を

出すと好感度が増すものと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2011 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« どうしたら等級があがるのか | トップ | 働きやすい職場 »
最近の画像もっと見る

採用」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事