人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

論語があるのにすれ違う

2011-07-06 23:13:35 | 海外人事



こんばんわ。 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。



海外に支社等、海外にネットワークがある経営者の

お話をお伺いする機会に恵まれました。


中国で日本との商慣行の違いから、

失敗を経験している経営者は多いものと思います。


なぜ、論語を生んだ国と

その論語を学び続ける日本と、共通項があるのに

すれ違ってしまうのか、という話におよびました。


その経営者の論によると、古来より社会において

無法者が当然いる。


そもそも無訪者がいるのが社会であり、

そのような社会だからこそ論語が成立し、

律するために読み継がれてきたのではないか、と。


中国だから、論語が誕生した国だから、というイメージも

一方でありますが、我々日本人と同じ人間ですので

イメージ通りではない場合もあるものでしょう。


なるほど、と感じるお話が聞けました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2011 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 行政協力しました | トップ | 熱き思いを共有化 »
最近の画像もっと見る

海外人事」カテゴリの最新記事