人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

65歳定年制15.5%

2014-11-18 23:57:46 | 労働法



こんばんは。 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


厚生労働省が11月13日に

公表しました2014年「就労条件総合調査」によると、

一律定年制のある企業のうち、

65歳以上を定年年齢とする企業の割合は15.5%

(前年14.0%)となっています。

企業規模別にみると、1,000人以上が

5.4%、300~999人が6.8%、100~299人が

9.8%、30~99人が18.3%となっています。

産業別にみると、医療,福祉が45.6%で最も高く、

金融業,保険業が5.7%で最も低く

なっています。


■結果の概要はこちら



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
workup人事コンサルティング
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 賃金・労働時間等 書面交付事項 | トップ | 労働相談ほっとライン結果(... »
最近の画像もっと見る

労働法」カテゴリの最新記事