人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

定年延長等様々な観点から検討

2013-03-01 23:59:10 | 高年齢者雇用



こんばんわ。 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


この4月に改正高年齢者雇用安定法が施行されます。


65歳までの雇用義務化に伴い、

定年を60から65歳へと変更を

検討している企業もあろうかと思います。


65歳まで定年を延長することは社員にとって

喜ばしいものと思いがちですが、

そうではない場合もありそうです。


たとえば60歳になってリタイヤし、

あとはゆっくりしたい等

第二の人生を謳歌したい方もおられたりします。


また退職金を60歳でいただけるものと

おもって将来の生活設計されていた方にとっては

60歳時点では、

退職金を受け取ることができなくなってしまいます。


さまざまな観点から検討していくこととなります。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2013 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 再雇用後、身分、賃金、雇用... | トップ | 良いクセ »
最近の画像もっと見る

高年齢者雇用」カテゴリの最新記事